ランサーズのプロジェクト案件が稼げる!継続して稼ぐ方法とは?

2017/04/19
ランサーズのプロジェクト案件が稼げる!継続して稼ぐ方法とは?

ランサーズのプロジェクト案件は、webライターとして、最も稼げる方法です。プロジェクト案件は、誰でも作業できるものでありません。案件募集があった際に、ライターが「私を採用してください!」と自己PRを入れた提案文章を、依頼主(クライアント)に送ります。これをクライアントが採用した場合のみ、「契約成立」となり、募集されている案件のお仕事ができます。

今回は、この「プロジェクト案件」で継続してお仕事をもらい、稼ぐ方法をご紹介します。

そもそもプロジェクト案件とは?

冒頭でご説明した通り、ランサーズのプロジェクト案件は、「何度でも、誰でもできる案件」ではありません。

クライアントが案件募集を開始して、それを見たライターが「私を採用してください!」と、提案文章を提出します。それを見たクライアントが、「このライターに仕事を任せよう」と思った場合、1人、あるいは複数人が、その案件のライターとして採用される。というスタイルです。

そのため、提案文章を見て即採用ということもあれば、提案先のクライアントから連絡がきて(ランサーズ上のメッセージ機能にて)、やりとりを行い、採用されることもあります。当然、提案文章やライティング実績を見て、不採用になる場合もあります。

また、プロジェクト案件は「1記事単発ライター募集」をしているものもあれば、まずは1記事書いてみて、クライアントがライターの実績を確認した後に、継続して仕事を任せる「継続ライター募集」をしているものもあります。

ランサーズのプロジェクト案件は、どちらかというと「継続ライター」を多く募集しているクライアントが多いです。この「継続ライター」になることが、ランサーズで継続して稼ぐポイントなのです。

今回は、この「継続ライター」になる方法、ポイントを3つご紹介します。

クライアントへのレスポンスは1日以内を徹底すること

先述した通り、プロジェクト案件では、クライアントとランサーズ上のメッセージでやりとりをする機会が多いです。例えば、「記事の進捗状況はどうですか?」と連絡がくることもあれば、「この項目を追加してほしい」と内容の追加依頼が来ることもあります。逆に、ライターから質問をすることもあります。そういった、やりとりをする際のレスポンスは“1日以内”を徹底しましょう。

フリーランス以外で、一般の企業や、アルバイト経験がある方は実感されていると思いますが、「レスポンスを早く!」というのは、社会人の鉄則です。特に、webライターは、web上でしか、やりとりをしていないので、レスポンスが遅いと、「このライターに任せて大丈夫かな?」「連絡がつかなくなったらどうしよう」とクライアントは不安になります。クライアントは発注者側なので、何が何でも、指定期日までに記事が必要なのです。

だからこそ、毎回のやりとりのレスポンスが早いと“安心”をしてもらうことができて、信頼関係が構築されます。webライター業界は、まだまだレスポンスが遅い人が多いです。そのため、突出して早いレスポンスをすることで、継続してお仕事を任せてもらえる可能性が高くなります。

記事提出は納期の5~3日前を徹底すること

採用されたプロジェクト案件で作成した記事は、納期の5~3日前までに提出することを徹底しましょう。

プロジェクト案件で採用をされたら、ほとんどの場合、クライアントから希望納期を提示されます。多くのライターが納期当日に提出をすればOKと思いがちですが、実際、納期より早く提出する方がクライアントからの評価が高いです。

ランサーズのクライアントは、

  • A:自社サイト(個人・法人含みます)の記事掲載に使用する
  • B:取引先のサイトの記事掲載に使用する(サイト運営を代行していたり、サイト運営会社とライターの仲介業者の役割をしているクライアントが多いです)

この2パターンの目的で、記事作成依頼を出していることが、ほとんどです。その中でも、Bパターンのクライアント数が多いので、記事の提出が早ければ早いほど、クライアントからの評価に繋がりやすいのです。

具体例を言うと、

  • 業界大手の美容メディアを運営しているA社がライター10名募集をしている
  • A社から、取引先であるB社に優秀なライターを10名集めるよう依頼、そして契約を行う
  • A社に変わって、B社が代行で、ランサーズ上で優秀なライターを募集する(このB社がライターにとってクライアントになります)
  • B社とライターがやりとりを行い、A社のメディア記事を作成し、納品(ライターは記事をB社に提出する)
  • B社からライターへ報酬を支払う
  • B社は、ライターが作成した記事をA社に提出できる状態にして、A社に提出する
  • 提出後A社から契約金を支払われる

だいたいが、このような流れになっています。

上記の流れなので、ライターの不備で記事提出が間に合わなければ、B社は責任を取らなければなりません。一方、納期よりも早く記事が揃い、提出できれば、B社の評価も高くなります。そういった理由で、B社は優秀で誠実な対応をするライターと継続して仕事がしたいのです。

この仕組みを理解して、納期よりも前倒しで記事提出をすれば、継続してお仕事を任せてもらえる確率がぐっと上がります。ただ、がむしゃらに記事提出を早くするだけでなく、クライアントごとに状況をイメージして、クライアントの状況に合わせて記事提出をすることで、「このライターは仕組みが分かっている」と認識してもらい、お仕事を任せてもらえることに繋がるのです。

ライターが“受注者意識を忘れない”こと

ライターは、あくまでお仕事をもらっている“受注者である”ことを忘れないようにしましょう。プロジェクト案件で実績がついたり、力がついてくると「自分は優秀なライターだ」と勘違いをしてしまうライターもいます。そうなると、クライアントにも伝わり、どんどんクライアントは離れていきます。

どれだけ実績を重ねたとしても、ランサーズ上では、ライターは“受注者”です。その思い、初心を忘れずに、お仕事をすることが大切です。

3つのポイントをマスターして、継続した仕事をもらおう!

今回は、ランサーズのプロジェクト案件で、継続して仕事をもらい、稼ぐ3つの方法についてご紹介しました。

  • クライアントへのレスポンスは1日以内を徹底すること
  • 記事提出は納期の5~3日前を徹底すること
  • ライターが“受注者意識を忘れない”こと

この3つを守って、ランサーズのプロジェクト案件で、継続して稼ぎましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事