クラウドソーシングのマーケット?!WoW!meってどんなサイト?

2017/07/25

クラウドソーシングサービスといえば、画面に出ている案件を選択し仕事を行うか自身で営業をかけて仕事をもらうかの2種類が定番でした。しかし、WoW!me(ワオミー)は違います。WoW!meは、クラウドソーシングのマーケットなのです。今回は、そんなWoW!meのサービスを紹介します。

WoW!meとはどんなサービス?

WoW!meとは、クラウドワークスが提供するサービスです。個人間同士で得意なことを売り買いすることで、お金を稼ぐことができるいわゆる“オンラインマーケット”になります。利用方法は自身が得意とすることを登録するだけであとは待つだけです。利用者が「買いたい!」と思い、購入ボタンを押せばお仕事が入ってきますので、成果を納品しましょう。このような仕組みのWoW!meは、新しいCtoCサービスとして注目されています。CtoCとは、マーケティング用語で、Consumer to Consumerの略です。意味としては、消費者から消費者という意味を持っています。つまり、消費者が消費者に対して何かを提供するということを表しています。

WoW!meの利用料金は?

WoW!meの利用料金ですが、基本的には無料です。出品する際に有料オプションをつけた場合などは、有料オプション代金が請求されますので支払う必要があります。売上金ですが、基本的に1000円を超えた時点で振込されます。振込手数料は出品者の負担になり、楽天銀行であれば100円、それ以外であれば500円の振込手数料が差し引かれます。システムを利用する際の利用手数料は購入者の方へ負担が行くようになっています。

WoW!meに向いている人は?

WoW!meに向いている人は、「普段会社勤めをしているけれど空き時間を有効活用したい」という方や「子育ての間に稼ぎたい」という方などです。WoW!meは、登録すればすぐに仕事が来るわけではなく、購入者が買ってくれないと仕事ができません。そのため、空き時間で稼ぎたいという方にピッタリのサービスなのです。例えば、手芸品を販売するにしても、購入されてから空き時間を見つけて作れば、その分時間を無駄にせずに稼ぐことができます。

WoW!meは空き時間がある人向けのサービス

WoW!meは、空き時間がある人に向けた新しいサービスです。オンラインマーケットですので、購入者が買ってくれなければ意味はありません。そのため、WoW!me単体で利用するのではなく、他社のクラウドソーシングサイトで仕事をしつつ、WoW!meで得意なものを出品するとより効率的に稼げるのではないでしょうか。

サービス名:WoW!me(ワオミー)
運営会社:株式会社クラウドワークス
URL:https://crowdworks.co.jp/services/wowme
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅ノート編集部

WRITTEN BY在宅ノート編集部

こんにちは。在宅ノートはひとりひとりに合った働き方を応援するメディアです。働き方についてさまざまな悩みを取り上げ、情報を発信しています。

icon-twitter-square @zaitaku_note 

あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事