PIXTAではじめる副業は写真好きにぴったり!

2017/07/25
PIXTA

「PIXTA」は、カメラひとつで副収入ゲットにつなげることができるサイトです。風景や人物、料理などを撮影した写真を販売する写真素材サイトで、日本国内に限らず全世界に多くのユーザーがいます。pixtaの基本的なサービス内容と、副業におすすめのポイントを紹介します。

pixtaが副業におすすめの理由

写真好きな人の副業として、pixtaの人気がじわじわと上がっています。その理由は、1枚から写真を販売できるという気軽さです。クリエイターとして登録後、簡単な入門テストに合格すれば写真を審査に提出することができます。入門テストは、著作権や素材に求められる要件についてなど、最低限知っておきたい基本的なものです。写真の販売をスタートするためのハードルが低く、プロのカメラマンでなくとも挑戦しやすくなっています。

どんな写真なら審査に通りやすい?

写真を販売するためには、pixta独自の審査を通過する必要があります。写真としての出来栄えを見るのではなく、写真素材として販売する基準を満たしているかを判断するためのものです。この審査を通過するために最低限クリアしておきたいのは、写真の画質です。画質が極端に悪いものは審査を通過できません。提出する前にピクセル数を確認し、なるべく画質のよいものを選びましょう。写真のテーマにそぐわない手ぶれ・ピンボケや並行バランスのずれなども、審査を通過できないポイントのひとつです。

知らなかったじゃ遅い!pixtaを使うときの「落とし穴」

pixtaの持つ気軽さゆえに、初心者がついはまりがちな落とし穴があります。それは、スマートフォンのカメラで撮影した写真を販売しようとすることです。たとえどんなにクオリティが高く、めずらしい写真であっても、pixtaの利用規約ではスマートフォンで撮影した写真を販売することは禁止されています。仮にスマートフォンで撮影した写真を審査に提出しようとしても、写真にはスマートフォンで撮影したというデータが残っているため、提出ページにファイルとして添付することすらできません。そのためpixtaで写真を販売するには、まずデジタルカメラや一眼レフを用意することが必須条件になります。

日常のささいな写真が、副収入に!

pixtaでは、幅広いジャンルの写真が販売されています。旅行先で偶然撮影できた美しい風景や、会社への通勤途中の風景など、日常のふとした風景も販売できます。pixtaで多くの写真を販売するクリエイターになるには、普段から撮影するタイミングを意識することが大切です。審査に受かるポイントをつかむことができれば、初心者であっても副収入につなげることが可能です。

サービス名:PIXTTAchannel
運営会社:ピクスタ株式会社
URL:https://pixta.jp/channel/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事