ANYTIMES(エニタイムズ)なら「得意」を活かして稼げます!

2017/07/25
ANYTIMES

インターネットやクラウドサービス、パソコンやスマートフォンなどの普及に伴って、就業スタイルも多様化しています。需要と供給にも新しい形が見られ、中にはとても商品とは思えないようなものが売り買いされているケースも存在します。ここで紹介するエニタイムズもその一つで、なんと売り買いされているのは、人それぞれが持っている「得意」です。

ANYTIMES(エニタイムズ)とは?

エニタイムズとは、個人が持つ「得意」を商品として売買するマーケットプレイスのことです。より具体的に説明するならば、家事や庭仕事・料理やカメラのレッスン・犬の世話をしたり犬小屋を建てたりなど、なにかしらの用事を近所の誰かに依頼したい人と、そうした依頼に応えられる「得意」を持った人とを、パソコンやスマートフォンを介して巡り合わせるサービスだと言えるでしょう。

依頼者は依頼内容を公開してお手伝いしてくれる人を公募することができますし、依頼に対応できる誰かの「得意」を購入して個人的にお願いすることもできます。「得意」を売る側も自分のスキルを公開して購入者を公募でき、また自分の「得意」が役立ちそうな依頼に応募することが可能です。

エニタイムズのシステム

依頼をしたい人はエニタイムズのサイト上で依頼内容や報酬額などを記載した「おねがいチケット」を発行します。「おねがいチケット」には指名ありと指名なしの2種類があって、指名ありの場合は指名相手と専用のメッセージボードで依頼の詳細や日程について交渉したあと、指名相手からの承認を受けて決済が完了することで契約成立になります。指名なしの場合は依頼内容に合致した「得意」を持つ人が応募してくることで交渉が始まり、メッセージボードで詳細を確認後に決済し、契約成立になります。

自分の「得意」を活かして報酬を得たい人はエニタイムズのサイト上で、自分がどういったサービスをどれくらいの価格で提供するのかなどを記載した「やりますチケット」を発行します。「やりますチケット」には一般チケットとすぐ決済チケットがあり、決済のタイミングが違います。一般チケットの場合は購入申請者との交渉後、チケット発行者が承認してから決済があり、契約成立になります。すぐ決済チケットの場合は購入申請とチケット発行者による承認と決済が連続して行われ、交渉は決済後になります。

チケット売買の流れと注意点

上記の手順に則って発行されたチケット(「おねがいチケット」2種、「やりますチケット」2種の計4種)がエニタイムズのサイト上で販売され、購入希望者はそれらのチケットの内容や価格を見て、気に入ったものがあれば購入するというのが売買の流れです。チケットの報酬額や価格はチケット発行者が自由に設定できますが、すぐ決済の「やりますチケット」以外は値段交渉も可能です。

支払いはすべてエニタイムズのサイトを通し、クレジットカードかPayPalを利用して行われます。チケット販売者と購入者のあいだで直接金銭のやり取りを行うのは禁止されているため、注意が必要です。

ちょっとした「得意」で稼ぎたい方におすすめ

エニタイムズの特長は自分の「得意」を活かして報酬を得られることです。例えば講師の資格もなくプロと呼べるほどのスキルもないものの、初心者に基礎知識を教えることはできるというような方が、本格的な専門学校やレッスン教室などよりもずっとリーズナブルな価格で指導を施す、というようなことが可能になるわけです。

また誰かの悩み事を自分の「得意」で解決してあげて報酬を得るというケースもありえるでしょう。ちょっとした「得意」で稼いでみたいという方は、エニタイムズを利用してみてはいかがでしょうか。

サービス名:ANYTIMES
運営会社:株式会社エニタイムズ
URL:https://www.any-times.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅ノート編集部

WRITTEN BY在宅ノート編集部

こんにちは。在宅ノートはひとりひとりに合った働き方を応援するメディアです。働き方についてさまざまな悩みを取り上げ、情報を発信しています。

icon-twitter-square @zaitaku_note 

あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事