青色申告

あおいろしんこく

青色申告

青色申告は個人事業主が行う確定申告の方法の一つです。青色申告の特徴は多くのメリットがあることです。その代用的なものが青色申告特別控除です。経費以外にも、65万円もしくは10万円を事業所得から差し引けるようになります。これによって課税額を減らせますが、65万円の控除を受けるには複式簿記による記帳が必要です。赤字の繰越を行えることも青色申告の大きなメリットです。事業で赤字が生じた場合、その分を翌年以降の経費にできます。繰り越せる期間は3年間であり、売上が順調な年の課税額を減らすのに有効です。また青色申告の場合は、家族を専従者にすることも可能です。雇用している家族に支払う給与を経費に計上できるようになります。

このように多くのメリットがありますが、青色申告をするには事前に届け出をしておく必要があります。税務署に青色申告承認申請書を提出しなければなりません。青色申告承認申請書は国税庁のホームページや税務署で入手できます。届け出の時期は、原則的には開業してから2カ月以内と定められています。青色申告承認申請書の職業欄は開業届に記入したものを書けば良いです。記入に際して迷いやすいのが、備付帳簿の選択です。現金取引を行う場合は現金出納帳が必要ですし、固定資産があるなら固定資産台帳も必須です。それ以外にも複数の帳簿の中から選択することになりますが、これから事業を始める人には馴染みの少ないものばかりです。分からなければ、税務署で質問しながら選ぶと良いでしょう。

(国税庁)青色申告
(国税庁)所得税の青色申告承認申請手続

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事