ビジネスモデル

びじねすもでる

ビジネスモデル

ビジネスモデルを簡単に説明すると「利益を得るための仕組み」である。製品やサービスを顧客に販売して企業が利益を得るという一連の流れのことであり、具体的には、製品やサービスを販売するための戦略と、そこから利益を得るための収益構造を指す。インターネットの発展により、顧客が製品やサービスを選択してから配送されるまでをシステム化することができ、一部の企業が収益性を高めることに成功したことで注目され始めた。

よく見られるものとしては、製品を作って売る物販モデル・製品を仲介する卸売りモデル・メインとなる本体より消耗品の販売で利益を上げる消耗品モデル・広告収入から利益を得る広告モデル・定期的な支払によって利益を得る継続課金モデルなど。さらに、同じ卸売りモデルでもスーパーマーケットやコンビニエンスストア、百貨店などに分類されるように、ビジネスモデルは多様だ。新しいビジネスモデルを開発した企業は、特許を取って独占することもできる。

基本的には販売戦略と収益構造を合わせてビジネスモデルと呼ぶが、例外もある。アプリやwebサービスなどの基本となる製品を無料で提供して、追加サービスの購入で収益を得るフリーミアムというビジネスモデルの場合は、製品の販売は直接的に収益に結びつくわけではないため、収益構造だけを指してビジネスモデルと呼ぶ。他には、広告モデルなども同様に収益構造のみを指してビジネスモデルと呼ぶことがある。

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事