コラム

こらむ

コラム

コラム(column)とは、もともと新聞・雑誌などで、線で囲んだちょっとした記事のことを指している。古代ローマ建築の石の円柱を意味する言葉が語源である。円柱を意味するコラムが、文章の意味で使われるようになったのは、英字新聞の縦長のスペースがきっかけだ。

縦書きの日本の新聞は、横型の余白が出ることがあり、横書きの英字新聞は、縦型の余白が空くことがある。この縦型の余白部分が、円柱を横から見た形に似ていることから、区切られたスペースに書く短い記事が「コラム」と呼ばれるようになった。そこから役割が広がっていくことで、「論評・批評」「欄外記事」「補足」「参考」といった意味合いを持つようなって、一般的に定着した。

そうした成り立ちがあるため、コラムと記事は違う役割を持っている。コラムとはあくまで余白の部分を埋めるための読み物といった位置づけであり、分かりやすさや読みやすさが求められる。

読者が気楽に読めるように工夫されているのがコラムだ。そのため、フィクションなども織り交ぜながら、面白おかしく書かれることもある。文章が主観的になりがちであるため、反対意見なども掲載することで信頼性を増している。

その一方で、記事は事実にもとづいた書き方が求められる。基本的には個人的な感想を書くことはなく、客観的事実を淡々と書いていく必要がある。政治・経済・社会・科学・スポーツなどのジャンルでの発表や出来事、事件や事故などを多くの人々に伝えていく役割を担っている。

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事