コンサルタント

こんさるたんと

コンサルタント

特定の分野に精通し、その分野に関する助言を求める人に対して、報酬を受けた上で適切なアドバイスをする職業である。単にアドバイスを送るだけでなく、報酬を受けて助言をするため、特に高い専門性と分かりやすい提案を行うことが重要な職業で、助言を求めてきた企業のプロジェクトのみならず、時にはその経営全般においても指導を行うことが求められる。

実際にアドバイスを行うことをコンサルティングと言うが、コンサルティングのコツは助言を求めてきた企業に対して「いかに目に見える結果を残させるか」である。時には企業側が求めているアドバイスと最も効果的な方法がズレている時もあるが、そのような時にも相手企業に軌道修正を促すことができるような説得力がコンサルタントには求められる。

また、コンサルティングを行った時点では目に見える成果はでないため、成果がでるまでどの程度の期間が必要かといったことも顧客に対して説明しておかないと信用を失い、成果が出る前に契約を打ち切られるといった悲劇を起こしかねないので注意が必要。

コンサルタントとして経験を積み、様々な企業から引く手あまたの存在になると独立開業という道を選ぶこともできる。会社勤めのコンサルタントでは年収1,000万円を超えれば良い方だが、独立開業が上手くいけば年収数千万円も夢ではない。しかし、当然のことながら顧客を満足させることができないと評価されない職種であるため、人気が落ちてくるとあっという間に年収が下がることも。独立開業を目指す場合は慎重に行うことを推奨する。

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事