契約書

けいやくしょ

契約書

契約書とは、なんらかの契約を取り交わす時にそれに伴うルールを決めて書面化したものである。一般的には売買契約書や賃貸契約書などが挙げられる。契約期間に必要な業務上の基本ルールの取り決め以外に、お互いがルールに反した場合の解決法や罰則を明記することが多い。契約に関わるものが内容を確認し合い、署名と捺印をすれば締結である。契約自体は口約束でも成立はするが、契約をスムーズに進めるためであり、万が一約束が履行されない場合の確認書という位置付けである。

フリーランスの場合にも、契約書を取り交わして業務を行うことは一般的なことである。一口でフリーランスと言ってもさまざまな業種があるのですべてをまとめることは難しい。一般的なことで言えば、契約書に盛り込まれる内容には「著作権の取り扱い」「業務上知り得た内容に対しての守秘義務」などのほか、業務を日程通り納品する約束事項や報酬に関する取り決めなどが主だ。

フリーランスの場合は対企業との契約になることが多いため、企業と個人との業務請負契約書というものが多い。契約書に押印する場合は企業は会社印を用いるが、フリーランスは認印や銀行印などの個人名の印鑑を使用すれば問題はない。署名捺印した後はそれぞれ1通ずつ持つのが規則である。通常、契約書の有効期間は1年〜2年というものが多いが、契約の種類によって異なる。

万が一トラブルになった場合は、契約書の内容が100%優先されるのが一般的だ。すべての契約書はしっかり目を通して署名捺印することは必須である。

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事