納期

のうき

納期

納期とは、売買契約を結んだ取引先に商品を納める期限のことをいう。記事の執筆など、請け負った作業を完成させる期限のことをいう場合もある。

ただ、期限までに商品を取引先に納めただけでは納期を守ったとはいえない。取引先が納められた商品を確認し、商品の数や種類が注文内容と合っており、不良品もないと判断した上で納期が守られたということになる。

記事の執筆に関しても同じで、書き上げた記事をクライアントに納品した時点ではまだ作業は完了していない。クライアントが納品された記事をチェックして、誤字脱字がないことや執筆ルールが守られていることなど、さまざまな基準を満たしていると納期までに判断してもらう必要があるのだ。

そのため、受注した商品や作業はできるだけ余裕をもって納めるようにしたほうが良い。納期の数日前に納品すれば、万が一商品に破損があったり作業内容に修正する箇所が発生したりした場合も、時間をかけて見直すことができる。

納期ギリギリに商品を納めると、「本当に納期までに注文した商品が届くのだろうか」と取引先に余計な心配をかけてしまうことになる。また、納品されたもののなかに不良品や修正箇所があれば、納期を過ぎてしまう場合もでてくるので、取引先からの信頼をなくしてしまうことにも繋がりかねないのだ。

継続的に仕事を受注するためには、取引先に信頼されていることが何よりも大切だ。常に納期よりも早く商品を納めることを念頭に置いて仕事をおこなっていれば、取引先も安心して仕事を任せることができるのだ。

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事