雇用

こよう

雇用

雇用とは、事業所や事務所の労働に従事してもらうために、報酬を支払って人を雇い入れることをいう。一般的に雇い主や使用者と呼ばれるのは雇用する側のことで、雇用される側は使用人や従業員などと呼ばれることが多い。雇い主が従業員を募集するときは、職業紹介所や求人情報誌などを利用する。

会社に従業員として採用されると、同時に雇用保険にも加入する場合が多い。雇用保険は職を失った時や育児休業をとった時など、給与が支給されない期間の生活を保障することを目的としている。しかし、雇用されるすべての人が雇用保険に入れるというわけではなく、加入対象から外れる人もいる。昼間は学生として生活している人や、パートタイムなど週に20時間未満しか働いていない人、個人事業主などがこれに当てはまる。

雇用の形態は正社員をはじめ、派遣社員や契約社員、パートタイム労働者などさまざまだ。正社員は通常、健康保険や厚生年金などの福利厚生が充実していることが多い。また、毎月基本給に各種手当や残業代がプラスされて支給されるので、長期にわたって比較的安定した収入を得ることができる。

契約社員はあらかじめ雇用期間が決まっているため、期間が満了になった場合更新されるとは限らず、雇用を解除されるケースもある。福利厚生は正社員と同じくらい充実しているが、退職金やボーナスは支給されないことが多い。

また、子育てや介護に割く時間が多いために、時間に融通がきく在宅ワーカーという雇用形態を選ぶ人も増えてきている。webデザイナーやプログラマー、ブログライターなど、自宅にいながら自分の特技を生かした仕事ができることが魅力だ。

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事