フィードバック

ふぃーどばっく

フィードバック

フィードバックとは本来は制御用語であり、入出力のあるシステムで入力側に戻し出力をコントロールすることである。ライティングでのフィードバックの場合は、ライターやクライアントが会社担当者に対して意見や事実を伝え、業務改善などに役立てる際に用いる。例えば、ライターが「ライティング時の作業画面が複雑で書きづらい」と意見を言った場合、会社のミーティングなどでより見やすい作業画面にするために、具体的な改善策を立てる。簡単にいえば「業務改善のための双方の意識合わせ」といえるだろう。フィードバックする大きなメリットは、お互いがより良い仕事ができるようになること。不満を抱えたままでは信頼関係も生まれず、仕事の効率性もアップしないだろう。普段は顔を合わせない「在宅ワーク」の現場こそ、フィードバックの重要性は高いといえる。

一見フィードバックの言葉には「クレーム」などネガティブなイメージも持つかもしれないが、ポジティブなフィードバックの場合もある。ライターやクライアントが会社に対して満足していることが伝われば、モチベーションUPも繋がるだろう。
メールやチャットワークを利用したり、サイト内にフィードバックしやすいコーナーを設けられたりしていれば、より情報や意見交換もしやすくフィードバックのスピード感も高くなる可能性がある。

企業の規模が大きくなるほどフィードバックは難しい傾向になるかもしれないが、企業の成長のためにもフィードバックは必要不可欠だろう。

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事