フレックスタイム

ふれっくすたいむ

フレックスタイム

フレックスタイムとは労働者が労働時間を自由に決められる制度である。労働基準法第 32 条の3で定められている。フレックスタイム制を導入している会社においては1ヶ月以内の総労働時間の範囲内で労働者が仕事をすることができる。1日に最低何時間勤務するというような始業時間と終業時間という固定的な定めはない。そのため、労働者は1ヶ月以内の間で自分で労働日数や労働時間をある程度自由に決めることができる。子育てや介護が必要な家族がいたり、遠距離通勤であったり時間的に仕事と家庭生活の両立が難しくなった場合に、効率よく仕事をすることをできる限り可能にした制度である。

フレックスタイム制度は会社と労働者の間で取り決めが行われるため、いろいろなパターンが存在している。会社によってはフレックスタイムにコアタイムを導入している。コアタイムとは1日の中でこの時間帯は必ず仕事をするという時間を定め、そのコアタイム以外の労働時間は労働者の裁量に任せるという方法である。一方、コアタイムはフレックスタイム制の中では必ず設ける必要はなく、全ての勤務時間をフレックスタイムにすることも可能である。フレックスタイム導入のためには、労使協定で対象となる労働者を定め、総労働時間についても明確にする必要がある。また、フレックスタイムは労働者がある程度勤務時間を自由に選んで仕事ができるが、雇用する会社もフレックスタイムで働く労働者の実労働時間の把握を行う義務がある。フレックスタイムは労働者にとって一見仕事をしやすい環境のようにもみえるが、勤務時間が自由であるがゆえに、より仕事量や労働時間が知らないうちに増えてしまっては本末転倒である。

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事