アンテナを貼る

あんてなをはる

アンテナを貼る

情報感度を高めチャンスを逃さないようにすることを意味する。決して「テレビのアンテナを張る」ことを指しているのではない。アンテナを貼ることは、仕事・プライベートを含め人生を有意義に生きるために大切である。アンテナを張っていれば普段見落としてしまう情報でもキャッチでき、自分の能力アップや感性を磨くことができるのだ。

例えば、チャレンジしてみたい仕事がある時、その仕事のことを意識したタイミングから、アンテナを張ることで情報をインプットすることができる。アンテナを張るといってもむやみやたらに情報収集するのはNG。情報飽和といっても過言ではない現代において、有益な情報をチョイスすることも大きなポイントだろう。ただの情報収集好きな人になって、無益な情報に振り回されても意味はないのだ。

忙しいサラリーマンなどはアンテナを張ることも一苦労かもしれない。そういう人には電車の通勤時間などの「スキマ時間」を有効に利用してみるのもオススメだ。アンテナを張って興味があることを、昼休みや普段より1時間早く起きてチャレンジしてみよう。また、同じアンテナを張っている人達とのコミュニティに参加するという方法もある。同じ興味を持つ人達が集う「交流会」や「パーティー」に参加し会話することもいい刺激になるはずだ。

アンテナを張るというのは、誰でも「この瞬間」からスタートできる。日頃の会話や何気ない風景など今まで意識しなかったことを意識することで、自分のさまざまな変化を感じられるはずだ。仕事のスキルアップやプライベートの充実にも繋がり、きっと貴方の生き方も変えてくれるかもしれない。

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事