ロゴ

ろご

ロゴ

ロゴは英語のロゴタイプ(logotype)の略語で、デザイン化された文字や図のことを指す。ほとんどの企業や団体ではロゴを持っており、ロゴとはそれを見るだけですぐにどこの会社かがわかるような、企業や団体の家紋みたいなものだ。

また、ロゴは製品やイベントなどにつけられることもある。ブランド化された製品にはロゴが割り当てられることが多く、主にコマーシャル時に活用される。イベントのロゴも宣伝をするときに重要な役割を果たし、他のイベントとの差別化を図るためにも重要なものだ。

ロゴは基本的に文字や図柄を単純化することでデザインされることが多く、ロゴの世界には「シンプル・イズ・ザ・ベスト」の考えが今も根強く残っている。しかし、逆に単純化しすぎるとどこにでもあるような既視感のあるロゴができてしまう危険性もはらんでいる。

日本におけるロゴが原因で引き起こされた問題に、2020年東京オリンピックの問題が挙げられる。オリンピックのロゴは基本的にロゴとは呼ばずエンブレムと呼ばれるが、この問題では、他人が著作権を持つロゴのデザインと似ているデザインが選ばれたため、盗用したのかどうかが焦点となった。

世界には何万ものロゴデザインがあり、単純化したデザインは必然的にどこか似る傾向があるため本当に盗用したかどうかは不明だが、月日とともに人々から忘れ去られていった。このように、企業やイベントなどを象徴する顔であるロゴが既存のものと似てしまうと、大きな問題に発展することもある。

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事