長期的

ちょうきてき

長期的

「長期的」とは、文字通り「長期的なスパンで」という意味であり、長い期間を表す「長期」に接尾辞である「的」がついた言葉だ。日常生活においても「友人と長期的な関係を築く」といったように使われる場合があるが、かなり硬い雰囲気の表現になってしまうため、それほど多く使われないのが一般的である。

ただしビジネスの世界においては長期的の逆を意味する「短期的」と合わせて頻繁に使われる。例えば、「長期的な計画」「長期的視点に立った事業戦略立案」といった場合は、目前の短期的な経営環境だけでなく、将来の事業環境の変化まで見据えて事業戦略を立案するという意味になる。

ビジネスにおいては、短期的な将来よりも長期的な将来の方が不確定要素が大きくなるため予測が難しいといわれているが、不確定要素が大きいからといって長期的な予測に基づいて事業の方向性を考えておかなければ、時代の波に飲まれてしまうことになるだろう。長期的な視野に立って経営を行う能力がない者は経営者失格だともいわれている。

また、事業の種類によって、長期的といった場合の期間の長さは変わってくることがある。一般的には1年先までの予測に基づいた計画を短期計画、3年から5年程度先までの予測に基づいた計画を中期計画と呼び、それ以上長いものを長期計画と呼ぶが、大規模プラント事業などの場合はもともとの事業サイクルが長くなるため、そういった事業における長期的なスパンは10年、20年となる場合もあることは留意する必要がある。

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事