マネタイズ

まねたいず

マネタイズ

マネタイズとは、ビジネス用語として用いる場合、無収益のサービスや事業を収益化することを指す。特に、インターネット上のサービスについて使用されることが多い言葉だ。ユーザーにとっては無料で楽しめて嬉しいサービスも、事業者側にとっては収益がないと採算がとれず経営の負担になってしまうことがある。

いかに無料サービスから収益をあげるかは、インターネットサービスがますます増加する近年、重要な問題となっている。マネタイズには、大きく分けて4つのモデルが存在する。最もメジャーなのは、広告を用いて収益をあげるモデルだ。提携先の広告バナーを表示させることで、提携先から広告宣伝費を得るという仕組みになっている。また無料サービスに任意の課金サービスを付加するモデルも増えている。これはゲームや情報系のサービスで、「プレミアム会員」といった名称で展開されることが多い。

つづいて売り手と買い手の間を仲介して手数料を得るモデルがある。フリーマーケットや飲食店検索などのサービスでよく用いられている。そして最後に、サービスや製品をインターネット上で販売することで収益をあげるECモデルがある。これは大型通販サイトなどで用いられるモデルで、在庫や物流の仕組みを構築できるような、ある程度規模の大きい企業で導入が広がっている。このように、利用者にとっては無料のサービスからいかに収益をあげるかというマネタイズの方法は、今後ますますニーズが拡大するといえよう。

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事