残業

ざんぎょう

残業

残業は単純に夜遅くまで残って仕事をすることだけを指した言葉ではない。正確には就業規則で決められた就業時間を超えて働くことをいう。もっと正確にいうと残業は法律用語ではない。私たちが普段使っている残業という言葉は労働基準法でいう「時間外労働」のことをいっている。労働基準法では1日8時間、1週間で40時間と法定労働時間が定められている。

そのため、休日出勤や始業時間よりも早く来て働いた場合も所定の労働時間外の勤務となるため残業に該当する。法定労働時間とは別に所定労働時間と呼ばれるものがある。これは法定労働時間の範囲内に会社が自由に決めた就業時間のことをいう。多くの会社が所定労働時間を9時から18時までとしている。昼休憩の1時間を除くため実働は8時間。18時以降が残業時間となる。18時以降の残業代は「時間単価 X 1.25% ×当月の残業時間」という計算式から算出される。

また、時間単価とは「(1年分の基本給)÷ 年間休日を除いた出勤日×所定労働時間」から出た数字である。時間外労働をしても残業代を払わない「サービス残業」をさせる会社も多くあるが、これは労働基準法に違反している。なかには所定労働時間を9時から17時までの実働7時間の会社もある。所定の労働時間が8時間を超えない会社の場合は、就業規則や雇用契約書に明記された内容で残業代を支払うルールが変わる。

所定の労働時間を超えたら法定労働時間内であっても残業代を支払う会社もあれば、法定労働時間を超えなければ残業代を支払わない会社といろいろである。

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事