プレゼン(プレゼンテーション)

ぷれぜん

プレゼン

プレゼン(プレゼンテーション)とは、計画や企画案の提示、発表などを、会議や商談の場などで説明することである。プレゼンテーションは新商品やサービスの紹介、複数社によるコンペ、会社説明会などといった場面で行われている。最近では、さまざまな業界で「プレゼン」と略されて呼ばれることが増えてきたが、広告業界では早くから「プレゼン」といった略語で定着している。

ビジネスシーンでプレゼンテーションをする相手と言えば、顧客や同僚、上司などが考えられる。成果を上げることを目的として行われるのがプレゼンテーションであるが、プレゼンテーション自体が単なる説明の場、またはその機会となってしまっては、ビジネスとしては失敗であると言わざるを得ない。プレゼンテーションを行う相手に対して必要な情報を伝え、行動を促すといったことを技術的に行うことがポイントである。
さらに、プレゼンテーションを行うにあたって、事前の準備が必要であるということは言うまでもない。「わかりやすい」説明のために、資料やスライドなどを意識的に用いて、シナリオを作っていくことがプレゼンテーションを成功させる秘訣である。図形や絵、グラフなどを用いて視覚化すると、より説得力があるプレゼンテーションとなる。

そして、実際にプレゼンテーションを行うにあたって、出だしで相手の心をつかむこと、さらには終幕では相手の行動を促すメッセージを伝えることが非常に重要である。具体的な例を交えながら、相手の心を引き寄せていこう。

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事