制作会社

せいさくがいしゃ

制作会社

ライターの仕事をしていると、説明文の執筆を求められることが多いです。ところで、説明文とはどのような文章でしょうか。説明文とは文字通り、何かを説明するための文章です。「何か」は物であったり人であったり、多岐に渡ります。

ただし、どの説明文でも、守らなければならないルールが存在します。そのルールとは「客観的に書く」ことです。逆に書けば、自分の意見や感想は書いてはいけません。あくまでも、第三者の目線で冷静に書き進めることが求められます。あなたの個性は求められませんが、読者を想定して書くと読みやすい文章に仕上がることでしょう。

二つ目は正確に書くことです。「当たり前ではないか」と思われるかもしれませんが、これが案外、難しいのです。特にカタカナの固有名詞や数字には注意したいところ。書き終わった後に、チェックするのはもちろんのこと、フレーズをGoogle検索にかけることも効果的です。三つ目はできるだけ、自分が知っている分野で執筆することです。全く知らない分野ですと、調査に時間がかかります。また、間違えるリスクも高くなります。その点、少しでも知っている分野ですと、スムーズに書き進めることができるため、時間短縮につながります。

この三点に注意すれば、クライアントを満足させる説明文が書けることでしょう。説明文のコツを知っていると、あらゆるジャンルの文章に応用できます。ライターとしての体力をつける意味でも、説明文に積極的にチャレンジしてみましょう。

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事