リクルーター

りくるーたー

リクルーター

リクルーターとは、企業の採用活動にあたって、個々の入社希望者とコンタクトを取り、密なコミュニケーションを行うことを任された社員のことである。リクルーターの目的としては、入社希望者への企業PRや、面接対策、内定辞退予防などがある。1対1でコミュニケーションすることで、入社希望者それぞれのニーズに応え、入社への意欲を上げてもらうことが大きな目標だ。従来の大量面接と異なり、企業側が希望する層へ直接アプローチできるため、よりマッチングがスムーズになるという特徴がある。またパンフレットには書ききれないような、企業の実情や思いを伝えたり、入社希望者のより具体的な情報を知ったりといったことが可能になる点も魅力だ。ただし会話が盛り上がり、言葉を選ばずに内情暴露を続けてしまうと企業へのイメージが偏ってしまうため、あくまで紳士的な対応が求められるといえよう。

実際のリクルーターの現場では、大学OB・OGが在学生とコンタクトを取るケースが多い。コンタクトを取るルートとしては、ゼミやサークルの後輩に声をかけたり、教授から紹介してもらったり、大学での企業説明会で連絡先を交換するなどが代表的だ。
ただしリクルーターとして活動できる社員数には限りがあるため、選考すべてをリクルーター制度で進めるのは困難が伴う場合がある。そういった場合は、既存の選考フローを補助するような役割としてリクルーターを活用してみると良いだろう。

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事