定年

ていねん

定年

定年とは、ある年齢に達したときに仕事を退くことである。定年退職という言葉で使われることが多い。定年退職の年齢は国や時代、または従事する職業や勤めている企業によって変わっていくため、何歳が定年であると明確に言うことはできない。日本の定年年齢は1970年代までは55歳、80年代以降は60歳、現在は60~65歳を定年する年齢として定めている企業や団体が一般的だ。大学の教授は65歳以上で退官する場合もある。

日本では現在65歳以上であれば年金を受給して生活することができるため、65歳を定年年齢として義務付けようという動きが広まっている。60歳で定年だと思って頑張ってきた人にとっては、走っても走ってもゴールラインがどんどん遠ざかっていくような気がするこの動きは、年金制度の問題にもつながってくる。

年金受給開始年齢が70歳となった場合には、定年の年齢も70歳まで引き延ばされる可能性がある。このままの状態が続くと何歳になっても定年を迎えることができず、気がついたら本当の意味で死ぬまで働き続けなければならなくなるかもしれない。

そのため、一旦定年で60〜65歳で会社を辞め退職金をもらうが、そのまま現役の頃よりも減額した給料をもらって同じ会社で働き続けるという、名目上の定年を迎える人も多くなっている。しかし、自営業者にはもともと定年はなく、退職金という概念もないため、サラリーマンの方が定年がある分恵まれていると言うこともできる。

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事