リターン

りたーん

リターン

リターンとは、一般的には「戻る」「帰る」「折り返す」といった意味で使用されることが多く、スポーツにおいては「リターンパス」「リターンエース」などのように、味方もしくは敵とのやりとりの用語として用いられることもあるが、投資や事業の世界においてリターンは「利益」のことを意味する。

事業経営を行うにあたっては、理念としての目標を実現するためにリターンである利益を獲得する必要がある。

例えば「日本経済の発展に貢献し人々の役に立つ」といった崇高な理念を達成できたとしても、利益が出ていなければその事業を継続することができなくなってしまう。企業に出資をしている株主や融資をしている金融機関などからの信任・信用を得るためには、利益をあげて配当や返済を行う必要があり、事業を拡大するための投資資金も利益から捻出する必要がある。そのため、どんな経営理念を掲げていたとしても企業は利益を追求する必要があるとされる。

「利益を得るのは気が引ける」といった経営者では事業経営を続けていくことは難しいのである。適正なリターンを得ていくことが経営理念の達成と事業継続を両立させるポイントであるといわれている。リターンは収益から費用を引いて求められ、税金まで考慮した当期純利益や営業活動の成果を示す営業利益など目的に応じてリターンの計算方法は変わることがある。また、投資金額に対するリターンを把握することで投資判断にも使われている。利益額そのものをリターンという場合もあるが、リターンを売上高や投資額で除して率で表現する場合もある。

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事