リスクマネジメント

りすくまねじめんと

リスクマネジメント

リスクマネジメントとは仕事上で発生するトラブル対応に関する用語である。誤解してはいけないのは、トラブルが発生してから行う事後処理とは異なるという点である。リスクマネジメントはトラブルが発生する前に、なんらかの対策を打つことを指す。仕事でのトラブルを予測することは一筋縄ではいかず、事後処理よりも難易度が高い傾向にある。

リスクマネジメントを行うためには過去の失敗を分析することが重要。プロジェクトが一段落した際には、関係者全員で反省会などを行うことも多いだろう。その際の議事録をしっかりと残し、皆で共有する行為も今後に向けたリスクマネジメントのひとつといえる。失敗を振り返る行為は苦痛を伴うこともあるが、次に活かすことがなにより大事なこと。個々の仕事の失敗は可能な限り、皆で共有することが望ましい。

リスクマネジメントに向いている性格は、少しネガティブな方が向いていることが多い。常に最悪のシナリオを想定しているような人のことである。そのような人は、なにか仕事の計画を立てる際に、デメリットに関する意見ばかりを言うので面倒な気分になることもあるかもしれない。しかし、それらデメリットな意見を無下にはしない方が良い場合もある。本当にケアすべきデメリットと取るに足らないデメリットを選別しいく作業は根気が必要だが、それを行うことで強固なリスクマネジメントに繋がるだろう。最悪なトラブルを事前に防ぎたいのであれば、それ相応の努力が必要となってくる。

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事