開業届け

かいぎょうとどけ

開業届け

開業届けとは個人事業主が事業を開始する際に、管轄の税務署に提出するものである。正式名称は、「個人事業の開業・廃業等届出書」であり、事業を廃止する際などにも提出しなければならない。用紙の上部には提出者の情報を記入する欄が複数ある。最上部は納税地や事業所の住所などを記入する欄になっており、その下に氏名やマイナンバーなども記載する。事業の内容に応じて、業種や屋号も記載しなければならない。

提出者の情報を記入する欄の下には、事業の概要や所得の種類など、開業に必要な詳細な情報を記入する欄がある。それらをすべて記入したら、開業の事実が発生してから1カ月以内に提出が必要だ。遅れた場合の罰則は特に定められていないが、早めに提出した方が良い。提出の期限が祝祭日などにあたる場合は、例外的に期限は翌日になる。提出方法は税務署への持ち込みが一般的だが、郵送で行うことも可能である。

また「事業開始(廃止)等申告書」も開業届けと呼ばれることがある。都道府県によって正式名称に違いがあるが、こちらは国税ではなく都道府県税に関わるものだ。事業で一定以上の所得があった場合は、個人事業税を都道府県に納めなければならない。そのため、この申告書の提出先は税務署とは異なる。都税事務所や府税事務所など、都道府県が管轄する機関に届け出る必要がある。事業を開始するときは「個人事業の開業・廃業等届出書」や「事業開始(廃止)等申告書」を忘れずに提出しよう。

国税局:個人事業の開業届出・廃業届出等手続

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事