短期的

たんきてき

短期的

期間を表す言葉で、比較的短い期間のことを意味するものである。通常の場合、どれぐらいの期間が短いと感じるかは人それぞれではあるが、ビジネスにおける短期的という意味合いで使われるのは通常1年から3年である。これは仕事を行っている役職によってその期間は異なることが多い。

現場で働く従業員の場合、特別なプロジェクトなどを任されている場合などを除いて、ノルマを課せられているのは1年である場合が多いが、経営者や役員目線で考えると、もう少し長い期間でも短期的と捉えることが多く、3年程度までは短期的であると考えられる。

経営者や管理職などは将来的な経営計画を策定する際に、長期計画、中期計画、短期計画と3段階で作成することが多い。この場合における一般的な期間は「長期計画が5年から10年程度」、「中期計画が3年から5年程度」、「短期計画が1年から3年程度」であると言われている。

ただし、この場合における年数もあくまで明確なものではなく、漠然としたものである。このような計画で最も大切なのは具体的なプロジェクトとは異なり、「明確な期日」ではなく、方向性や目的であるからだ。

企業規模にもよるが、大きい企業ほど短期的な計画では大きな改革を行うことは困難であるので、短期的な計画に必要なものは「先見性」や「組織運営力」ではなく、「どれだけ売り上げを伸ばせるか」といった収益に直結する力である。このような場合、机に座ってじっくりと計画を練るタイプの人間よりも「とにかく行動を起こす」といったタイプの人間の方が強いことが多い。

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事