シミュレーション

しみゅれーしょん

シミュレーション

シミュレーションはラテン語の『模倣する・似ている』が語源で、対象のシステムの法則を推定して真似た模型やモデル、コンピュータプログラムなどを用いて経過や結果を確かめることである。実際には実験することが不可能な場合や、危険で困難な時に行われることが多い。シミュレーションのための装置やプログラムを『シミュレーター』という。シミュレーションは『シュミレーション』と間違えて表記されやすいので注意が必要である。

シミュレーションは模擬実験や模擬訓練とも言い、地震の揺れを模型で実験して体感し訓練することもある。ドライブやフライトなどのシミュレーションでは、実際に実験したら命がいくつあっても足りない危険な状況を設定し訓練することを可能にしている。コンピュータシミュレーションをすることによって、仮想空間での実験や予測ができるようになった。

その他にも、車や建物などの構造物の内部の欠陥を取り除くことや、客層や商品などビジネスにシミュレーションを取り入れることで問題解決が効率的に行われている。気象予報ではメッシュで区切ったモデルでスーパーコンピュータがシミュレーションを行っているが、性能が向上しているので予測精度も向上している。

軍事教練や宇宙開発、教育、医療、経済、金融などにもシミュレーションは取り入れられている。人類の発展のためにシミュレーションがより良く使われることは、未来を明るいものへと導いてくれることだろう。

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事