スキル

すきる

手腕とか技量という日本語に相当する。仕事をする上でスキルは必要不可欠であり、今の仕事に必要となるスキルを見極めることが最も重要だ。

例えばライターならばタイピングを速くするスキルや情報を収集する能力だ。管理職なら部下や一緒に働く人が円滑に仕事をこなしているかを把握するスキルも必要である。しかし、どの仕事でも必ず必要になるスキルがコミュニケーション能力だろう。仕事を個人でする人も、企業に属する人も営業や上司・同僚・部下との間とのトーク力などを駆使し仕事をしていかなければ仕事はもらえないし稼ぐことはできない。

もちろん世間話などおしゃべりをしていればいいというモノではないが、ビジネストークと同様に相手に信頼され親近感がわくトーク力はあった方が良いスキルと言えるだろう。

個人で仕事を行っているフリーランスや個人事業主なら、取引先などと仕事をするときやお客様と話をするときに楽しく信頼のおけるコミュニケーションをすることで、また自分を使ってもらえる可能性を飛躍的にあげることができる。

また、企業に属する人なら、必ずしもスキルが高い人がプロジェクトに選ばれたりするわけではない。一緒に仕事をしてやりやすい人が選ばれることも多いのだ。仕事をするうえで、効率よく仕事をしたい場合に重要なのは人との関係だ。なので、仕事に必要な”技術面”でのスキル向上はもちろんだが、コミュニケーションなど人と関わる上で外せないスキルも伸ばすよう心がけるようにしよう。

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事