業務委託

ぎょうむいたく

業務委託

「務委託」とは、企業に会社員として雇用されずに企業から直接仕事の依頼を受けることをいう。そこには上司と部下の上下関係は存在しない。あくまでも企業と個人が対等な立場で仕事を進める働き方である。

業務委託では何の仕事をどのくらいの金額で、どんな手段で完了させるかといった取り決めを仕事の内容ごとに決めて契約を結ぶ。自分のスキルを活かした業務に専念できることが大きなメリットといえる。契約内容や持っているスキルで雇用されるよりも高収入をゲットできる可能性も。

さらに雇用されていないため、毎日満員電車に乗って決まった時間に出社しなくてすむのだ。企業も雇用して一から社員を育てる必要がない。しかも自社の業務にマッチする即戦力の人材を必要なときだけ確保できるため人件費削減のメリットがある。業務委託とは企業と労働者にとってお互いメリットのある働き方といえる。

業務委託は民法で2種類の契約種類がある。1つは「請負契約」と呼ばれるもので請け負った仕事を完成させる義務がある契約内容のことをいう。Webデザイナーが発注を受けた成果物の納品まで行うことが請負契約に該当する。納品物が企業の期待したクオリティに達していなければ、完成義務を果たしたとはいえない。

もう1つは「委任契約」と呼ばれるもので成果物を納品するのではなく業務そのものが対価となる契約のことをいう。そのため、業務の完成義務はない。受付や事務職など該当するケースが多い。しかし、その業務のスペシャリストとして業務委託されているため、スペシャリストとして企業から求められる注意義務を負わなければならない。

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事