代休

だいきゅう

代休

「代休」とは、休日労働が必要になったときに、休日労働日以降の労働日をその代償として休日にする制度だ。一見似ている「振替休日」は、休日労働の事前に手続きを行い、休日と労働日を入れ替える制度であるため、代休とは異なる仕組みである。振替休日では休日と労働日を交換するため、休日労働と見なされず、会社は割増賃金を支払う義務がない。

しかし代休は、休日労働に対する代償という位置づけのため、休日労働に対しては割増賃金を支払う必要がある。これは労働基準法によって決められており、割増賃金は通常の給与の1.35倍と定められている。

では、どういった時に代休扱いとなるのだろうか。最も代表的なケースは、企業の就業規則に振替休日の制度が設けられていない場合である。また振替休日制度があっても、突然の休日労働のため振替休日の手続きを事前に行えなかった場合も、代休の対象となる。

ここで注意したいのは、労働基準法で定められているのは休日労働に対する割増賃金だけであり、代休を取得するかどうかはあくまで任意だ。そのため代休を設けず割増賃金のみ、という企業もある。もし代休を取得する場合は、休日労働の同月に取得することが望ましい。もしそれ以降になってしまうと、労働基準法の「4週4日の休日」に抵触する可能性があるためだ。

代休制度を設けるかどうか、もし代休を取得するならどのタイミングで取るかは、この「4週4日の休日」を前提として検討する必要がある。

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事