振替休日

ふりかえきゅうじつ

振替休日

「振替休日」とは、就業規則で休日と決められた日を出勤日に変更して、その代わり休日出勤をした同一週の出勤日に休むことをいう。振替休日は事前に出勤日と休日の振替を行うため、休日出勤を行った日は休日ではなく労働日とみなされる。そのため、会社は休日出勤を行った場合の割増賃金を従業員に支払う義務はない。振替休日は出勤日と休日を交換する制度である。振替休日を適用するには会社の就業規則に「休日の振替の可能性がある」ことを明記しておかなければならない。振替休日を適用することで、休日出勤を行った従業員に対して割増賃金を支払う必要がないため、会社にとって残業代がカットできる点がメリット。しかし、休日に出勤した日の振替の休みは必ず同一週に指定しなければならない。他の週に休日の振替を行うと、その週の法定労働時間が40時間を超えてしまうからである。そのため、会社は休日出勤の35%分の割増賃金を支払う必要はないが、時間外労働の25%分の割増賃金を従業員に支払う必要がある。

よく勘違いされる言葉に「代休」がある。代休とは休日労働したあとその代償や慰労として、どこかの出勤日に従業員に休みをとらせることをいう。この場合は従業員に割増賃金を支払わなければならない。代休は振替休日とちがい従業員が事前に出勤日と休日の交換を申し出ていないからである。会社側が従業員に休日出勤をさせた事実には変わりないため、代休の場合、会社は従業員への割増賃金の支払い義務が発生する。

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事