白色申告

しろいろしんこく

白色申告

白色申告とは、確定申告の種類のひとつである。主に個人事業主が所得を申告する時に用いる様式のことで、確定申告書Bの他に収支内訳書がセットになるのが一般的だ。白色申告は「営業等」と「農業」の事業収入または事業所得のある者が対象である。他には、不動産、利子、配当、給与、そして公的年金などの雑収入も合わせて申告できるが、あくまでも事業を営んでいる場合に付随する収入としての扱いになる。

白色申告で控除されるものは雑損控除、医療控除、扶養控除などが主である。対象になる控除はそれぞれ記入して申告すればよいが、何もない場合でも基礎控除は誰でも受けられるものなので忘れないようにしよう。

収支内訳書には収入金額に対しての原価や経費を明記することになる。地代家賃や仕入れ原価、外注費、光熱費などはこれに含まれる。旅費交通費や接待交際費なども含まれるので、事業性のある交通費や贈答品などの購入費用があれば経費として計上できるため領収書をしっかりとっておくことが必要である。

その他、事業に使用する目的で購入された車やパソコンなど一定金額を超えるものは「原価償却」という扱いになるので気をつけたい。「原価償却」とは購入金額に対しての事業使用の割合から金額を算出し、さらに1年間でかかった金額を出すものである。「原価償却」の耐用年数は対象となるものによって異なるので、個別に調べて計算する必要がある。一般的な経費と「原価償却」の分け方は確定申告の手引きにも書かれているので間違えないようにしたい。

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事