ワークライフバランス

わーくらいふばらんす

ワークライフバランス

ワークライフバランスとは個人が仕事と生活のバランスがとれた状態をいう。バランスをとるためには、個人が働き方や労働時間、自由時間の確保や使い方についてしっかり考えるとともに、会社や国、地方自治体も子育てや介護など個人を支えるサポートを充実する必要がある。これらのどれか欠けてしまうと、ワークライフバランスがとれた社会を実現することは難しいのである。

さらに、単身の若者、子育て世代の夫婦、子育てが終わり退職時期が近い夫婦や単身者など、個人の労働者といってもそれぞれの年代が置かれている状況は異なる。また、男性や女性の違い、居住している場所によっても仕事と生活のバランスのとりかたは異なっているものである。若者には経済的自立と将来に向けて様々なことが学べる時間、子育て世代の夫婦には子育てにかかる時間や設備、サービスの確保、退職が近い個人の労働者は両親の介護が必要な時期かもしれない。これらの様々な状況に対して、外部の協力やサービスを手軽に受けられるようにする必要がある。

誰もが仕事と生活を充実させ、健康的な生活を送ることで社会が活性化していくのである。個人の生活の満足度が低いままではワークライフバランスがとれた状況とはいえず、会社の業績が低迷してしまう原因になることもある。また、少子化の流れは止まることはないのである。会社も長時間勤務の抑制や有休をしっかりとれる環境づくり、社員が健康的に仕事に打ち込めるような対策を積極的に行うことが大切である。また、国や地方自治体の協力も欠かせない。さらに個人の労働者の意識改革が必要なのである。

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事