個人事業主だけど副業に興味がある…どんな副業がおすすめ?

2017/06/18
個人事業主だけど副業に興味がある…どんな副業がおすすめ?

個人事業主という言葉にあまり馴染みがなくても、自営業という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。法人を設立しないで個人で事業を展開している人を個人事業主やフリーランスと呼んでおり、日本には200万人以上の個人事業主がいます。

個人事業主は会社に所属していないため平日毎日仕事に出かける必要がなく、比較的自由度が高い仕事形態です。そのため、個人事業主の中には副業をしている人もたくさんいます。

個人事業主が副業をする理由

脱サラして事業を始めたり、親の家業を継いだりと、個人事業主になる経緯には人それぞれ理由があることでしょう。個人事業主は自営業と同じ意味なので、使ったお金は経費として落とすことができたり、儲けはまるまる懐に入ったりと、サラリーマンに比べて収入が良いのではないかと考えてしまいがちですが、実はそんなこともありません。事業が軌道に乗る前は食うや食わずの日々を送るなど、ハードな側面も強いのが現実です。

本業だけで食べていくことができない個人事業主はたくさんおり、自営業という仕事形態は収入が安定していないため、アルバイトで生計を立てているケースも多くあります。サラリーマンの場合は副業が禁止されていることも多いですが、個人事業主にはそのような制限がないため、副業を持っている人の割合は高くなります。

また、もうひとつの理由として、個人事業主は自分で勤務時間を決められることが多く、サラリーマンと比べて比較的副業がしやすいという特徴があります。これらの理由により、個人事業主が副業を持つことはとりわけ珍しくはないということがわかるでしょう。

どんな副業が向いている?

どんな副業が向いている?

副業といってもいろいろな種類があり、個人事業主に向いているものとそうではないものがあるので、これから副業を始めたい個人事業主の人は注意する必要があります。まず向いていない副業から例を挙げると、1日の労働時間が極めて長く本業を圧迫するようなアルバイトです。副業はあくまで副業なので、本業よりも熱心に取り組まなければ収入に結びつかないようなものは避けた方が無難です。拘束時間が短くても、肉体労働など体を酷使し結局疲れ果てて本業に身が入らないようなものも、個人事業主の副業としては選ぶべきではないでしょう。

一方、個人事業主に向いている副業には、株や不動産などの投資で不労所得を得られるものや、本業の隙間時間に働くことができる内職や在宅ワークが挙げられます。不労所得を得るためには初めにある程度の資金が必要になるものの、副業に割く時間が比較的短くて済むので本業を持っている人にはぴったりです。また、事業によっては毎月前半はほとんど本業の仕事がなかったり、1日のうちに午前中は暇だったりと、働く時間に偏りがある場合があります。空いている時間を利用しつつ副業をするための移動時間も節約でき、固定電話に本業関係の電話がかかってきてもすぐに対応できるため、家で副業をする仕事形態は個人事業主に向いているといえるでしょう。

在宅ワークをすることで収入をダブルに

在宅ワークをすることで収入をダブルに

個人事業主にとって、在宅ワークはかなり利用のしがいがある副業といえます。在宅ワークとは主にインターネット上で仕事を請け負う仕事形態で、若い世代を中心に近年急速に広まっていっています。ネット環境さえあれば出張先でも働けるので、本業で各地を旅する機会が多い人でも収入を得ることが可能です。

特にノルマがなく比較的自由に働くことができる在宅ワークは、1年のうち半分だけは本業が忙しいので副業は控えたいという人などにとっても便利です。このようなケースでどこかの会社でアルバイトをするときは、アルバイトを半年ごとに辞めることを繰り返さなくてはいけません。しかし在宅ワークの場合は、自分で簡単に仕事量を調節できるため、副業を控えたくなったらそのまま仕事を受注しなければ良いだけなのでストレスを感じることはありません。

一方、在宅ワークは収入面で充実できるのか不安がある人もいるかもしれません。在宅ワークはスキルや実務経験を持っていれば、毎月生活には困らないだけの収入を得ることは十分可能です。そのような技術や経験がない場合でも、本業の空いた時間にコツコツと働くことで毎月数万円の稼ぎになることは珍しくありません。本業とのダブルでしっかりと稼ぐことができるでしょう。

個人事業主なら在宅ワークを検討してみよう

個人事業主なら在宅ワークを検討してみよう

個人事業主が副業を持つのは決して特別なことではなく、多くの事業主がやっていることです。個人事業主に向いている副業はいくつかありますが、職場の人間関係の煩わしさや通勤の手間がないため、とりわけ在宅ワークは最適な副業のひとつとなっています。副業は本業に集中するのに必要な手段であり、本業が軌道に乗る前に生活を安定させるためのライフライン的な役割を果たします。

もしも今個人事業主だったり個人事業主になることを考えていたりするなら、本業だけで食べていこうという強い意志を持つことも大切ですが、副業を上手に活用して本業の手助けにすることも考えてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅ノート編集部

WRITTEN BY在宅ノート編集部

こんにちは。在宅ノートはひとりひとりに合った働き方を応援するメディアです。働き方についてさまざまな悩みを取り上げ、情報を発信しています。

icon-twitter-square @zaitaku_note 

あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事