スキマ時間を有効活用!無理なく在宅ワークを続ける工夫

2017/08/08
スキマ時間を有効活用!無理なく在宅ワークを続ける工夫

在宅ワークに興味があるサラリーマンや主婦の方にオススメなのは、初心者でも稼ぎやすいライターのお仕事です。とは言っても経験がないとどうしても不安ですよね。
そこで今回は実際に文章を書く上でのポイントや、長く続ける心構えなどを紹介していきます。

どうやって書くの?文章を書くのに必要なこととは

まず、文章を書くのに必要な作業は大きく分けて二つあります。一つ目は何を書いてどういう結論にするかを頭で想像することです。そして二つ目はそれをきちんとした文章にすることです。当たり前のように思われかもしれませんが、何を書くかが想像できないと文章は書けないので、最初は想像しやすい自分の興味のあるテーマに絞って記事を書くのが良いと思います。

初めは言いたいことが浮かんでいても上手く文章にできないと思いますが、短い記事でいいのでとりあえず書いてみることが大切です。書いた文章を何度も自分で読み返しながら違和感のある箇所を個別に書き換えていくと、徐々にきちんとした文章になっていきます。短い記事でも数を重ねることで文章を書く力が備わっていきますので、その中で文章を書くコツを掴んでいきましょう。日ごろからコラムなどを読むようにすると、読みやすい文章の特徴などもわかってくるのでおすすめです。

はりきりすぎると続かない!自分の時間も大切に

はりきりすぎると続かない!自分の時間も大切に

そして、ライターのお仕事を長く続けるポイントは頑張りすぎないことです。ノルマを決めて休みの日をすべて削って作業してしまうと、精神的に疲れてしまって続かない人も多くいます。特に最初のうちは一つの記事を書くのにも時間がかかると思いますので、余裕のある時に行いましょう。

少しずつでも続けているうちに書くスピードが上がっていきますので、短い文章であれば仕事終わりのちょっとした時間にも書けるようになります。実際に記事を書くのにかかった時間を計っておくのもいいでしょう。書く時間を把握することで他の予定に支障をきたすことなく作業できるようになります。他にも文章を書いていて集中力がなくなってきたと感じたらリフレッシュするなど、長時間ずっと頑張るのではなく、気分転換しながら作業するのがポイントです。

大切なのは焦らず自分のペースで続けること!

最初からたくさんの記事を書いてたくさん稼ぐというのは難しいですが、少しずつでも書いていくうちに上達していきますので、稼げなくても焦らないことが大切です。文章を書くことに苦手意識を持っている方も多いかと思いますが、実際は得意不得意より慣れの問題です。

短い記事でもいいので「できた」を積み重ねていくことが自分の自信にもつながりますし、コツさえ分かればパッと頭の中に文章が浮かんでくるようになります。表現のパターンも覚えられますし、文章をまとめる力も次第に付いてくるので、自分自身の成長にもつながります。

続けていくうちに仕事の幅も広がっていくことが期待できるので、在宅ワークに興味のある方は是非チャレンジしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅ノート編集部

WRITTEN BY在宅ノート編集部

こんにちは。在宅ノートはひとりひとりに合った働き方を応援するメディアです。働き方についてさまざまな悩みを取り上げ、情報を発信しています。

icon-twitter-square @zaitaku_note 

あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事