主婦が在宅ワークで働くなら、まずは時間割を作ろう!

2017/07/11
主婦が在宅ワークで働くなら、まずは時間割を作ろう!

在宅ワークの大きな魅力の1つが、働く時間を自由に決められることです。とはいえ、何も決めずに取り掛かってしまうと、思ったような成果につながらないこともあります。前もって時間割を作っておき、効率的に1日を使いましょう。

時間割を作って効率的に働こう!

一般的な勤め人と違い、主婦の方には決められた勤務時間がありません。しかし朝から夜までそれぞれの時間帯にこなさなければいけない家事があり、自由に使える時間帯は意外と限られているものです。そこで、まずは自分の1日の時間割を作って、どこの時間ならば在宅ワークに使えるのかを視覚化してみましょう。

この際なるべく細かく、30分単位程で記入していくのがポイントです。例えば午前中、家事の合間に30分程自由な時間があり、午後に2時間~3時間まとまった時間がとれるとします。その場合は30分で作業の下調べや準備をしておき、まとまった時間で本格的に仕上げると効率的です。このように時間割を作ってみることで、どこの時間を使えば他の家事に支障なく働けるかがわかりやすくなります。

縛られすぎない!時には臨機応変に変更も

効率的に働くために大切な時間割ですが、この時間割はあくまで目安と考え、きっちりと守ることを目的にする必要はありません。実際に時間割通りにやってみたら意外と疲れてしまった、他の家事が疎かになってしまったという場合には、その都度時間割を見直してストレスなく働けるように修正していきましょう。

また、プライベートの予定で在宅ワークに時間が割けなかった場合も、他の日や時間帯でカバーできれば良いのです。あまり時間割に縛られすぎると、それ自体がストレスになってしまい、結果的に長く続けていくことが難しくなってしまいます。精神的・肉体的に疲れを感じたら、時には数日間の休みを設けてリフレッシュするのもおすすめです。このように柔軟に臨機応変なスケジュール変更をすることが、長く続ける鍵でもあるのです。

最初は無理のないペースで始めよう

せっかく在宅ワークを始めるのなら、より多く時間を割いてたくさん収入を得たいという方が多いと思います。時間割を1ヶ月単位で考えることで、大まかではありますが月の収入がどれ位見込めるかの把握は可能です。しかし、慣れないうちから厳しい時間割を設定してしまうと、思ったようにいかないとイライラしてしまうことも……。そのため、最初は収入面をあまり気にせずに、余裕をもって無理のないペース配分を心がけると良いでしょう。慣れるに従って作業効率もアップして成果はついてくるはずです。

また、在宅ワークに多くの時間を割きたい場合は、それにあわせて家事のやり方や時間帯を工夫してみるのもおすすめです。徐々に自分にあった時間割を見つけてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事