フリーライター初心者が稼ぐために必要なこととは?

2017/07/18
フリーライター初心者が稼ぐために必要なこととは?

近年ではサイトの作成やクラウドソーシングの発達から、フリーライターを目指す方が増えてきています。会社を辞めて、フリーライターで独立するという方もいるくらいで、需要はこれからも伸びる見込みであるといわれています。自分もフリーライターとして活躍していきたい、でもやったことがない仕事だし、先行きが不安。そんな初心者の方が稼ぐための方法をまとめました。自分の個性を伸ばして、好きなことで生活していくフリーライターの魅力に迫ります。

本やサイトをチェックして、文章の書き方を学ぶ

初心者の方は、初めに文章の書き方について学ぶことをおすすめします。そのために、本や他のサイトを見て、どういった形で文章を構成されているのか、参考にしてみるとよいでしょう。テーマに対して、なにをどういった形で文章を書いているのか、他の人のやり方を真似することから始めると、文章作成について理解を深めることができるようになります。

そこから自分なりの作成方法を身に付けられるようになれば、フリーライターとしての能力が向上して、記事作成のノウハウがマスターできている状態になっているでしょう。基礎知識を学ぶことは、初心者がフリーライターとして活躍するためにはマストの条件といえます。しっかり基礎ができていないと、ライターとして収入が得られないだけでなく、仕事の受注も難しくなる可能性があります。多くの書籍や記事を読むなど地道な努力をして、時間をかけて文章力を身に付けていきましょう。

文書力向上のためにブログを書く

文書力向上のためにブログを書く

誰でも知識を身に付ければサイトの作成が可能になり、フリーライターが増えやすい状況になってきました。そんな時に他のフリーライターと差をつけるためには、文章力を鍛えることが一番の方法です。すぐにライターの依頼がきて、問題なく文章が書ければよいのですが、初心者の方では文章の作成の方法がわからず、記事をまとめることが難しく感じるでしょう。そのため、まずは自分のブログづくりから始めます。書くことに慣れることがフリーライターとして成長できるきっかけとなるのです。

今では無料ブログというものがあり、メールアドレスがあれば誰でもブログが書ける環境になりました。初めのうちは収入が入らなくてもよいので、無料ブログで文章力の向上を図りましょう。そうすれば、自分の中で文章の書き方など分かることが増えていきます。文章作成が上達したと感じたのであれば、次はテーマを決めて、そのテーマに沿って文章を書くように意識していきましょう。それを1日1件でも書いていけば、書くスピードも上がりますし、文章の内容もある程度まとまるようになってくるでしょう。文章力は書くことで確実に一つ一つステップアップしていくため、気長にゆっくりとフリーライターとしての道を広げていきましょう。他にもブログ以外に、TwitterやFacebookなどのSNSを活用して、文章能力を上げていくこともひとつの手です。

クラクドソーシングで仕事を受注する

初心者の方でも、フリーライターとして収入を得る方法があります。それが、クラウドソーシングで仕事を受注することです。クラウドソーシングでは、初心者大歓迎の依頼が多数あり、副業をしたい方や主婦の方が空いている時間に、小遣い稼ぎとして収入を得ることのできる案件が取り揃えられています。しかし、そういった案件の場合は、記事単価が安いことも特徴のひとつであるために、1文字0.5円以下ということも少なくありません。ただ初心者の場合は、数をこなし経験を積むことが大切ですので、1文字0.3円などの案件も文章能力の向上を目標にして依頼を受けるとよいでしょう。

一つ一つしっかり案件をこなしていけば、自ずとフリーライターとしての経験値があがります。クラウドソーシングから多くの仕事を受注して、とにかく書いていきましょう。初めのうちは、カテゴリーをしぼって、その案件を書いていくことをおすすめします。特に美容や健康の記事は需要が高いので、それを中心に記事作成を進めていけば、依頼がきた時にスピーディーに対応できるようになります。その後、自分でフリーライターとしてスキルが上がってきたと感じることができたら、単価が高い傾向にある金融系やビジネス系の記事を作成して、自分のライターとしての幅を広げていくとよいでしょう。もちろんそのカテゴリーについての知識も必要になってきます。あわせて勉強していきましょう。

フリーライターとして活躍するなら、とにかく書くことが重要

フリーライターとして活躍するなら、とにかく書くことが重要

初心者であればフリーライターとして活躍できるか心配に思うことでしょう。確かに初めての仕事は気持ち的に不安になることが多いです。ただ、それはどんな仕事でも言えることです。フリーライターを目指すのであれば、とにかく件数を数多くこなして、文章を書いていきましょう。そうすれば、文章能力も自然と向上して、そんな不安も払拭されていくでしょう。まずは悩むより、実践してみること。それを続けていけば、きっとフリーライターとして活躍できる道がひらけていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅ノート編集部

WRITTEN BY在宅ノート編集部

こんにちは。在宅ノートはひとりひとりに合った働き方を応援するメディアです。働き方についてさまざまな悩みを取り上げ、情報を発信しています。

icon-twitter-square @zaitaku_note 

あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事