WEBライター必見!ライティングの相場とは?

2017/08/12
WEBライター必見!ライティングの相場とは?

ライターとして活躍する上で気になるのが、1文字当たりの単価です。単価が高ければ高いほど、書く時間が短くても質が良ければ、高い金額での報酬がもらえるメリットがあります。そのため、単価の高さはライターへの信頼度が高いほど上げられると言えるでしょう。その単価を上げるために必要なことや、実際にライティングの単価相場はどれくらいなのかをまとめました。これからライターを目指す方や、単価を上げようと思っているライターは参考にしてみてください。

はじめは単価が安い

本来、ライターは専門的な知識が必要で、記事をまとめるには相当な努力が必要です。しかし、クラウドサービスの普及に伴い、WEBライターの数が増加しています。サイトを参考にしながらでも記事作成が可能になったことが理由として挙げられます。サイトを見ながら記事を書けば初心者でもそれなりの記事に仕上がるのでライターとして活躍が見込める半面、全く同じコピー記事を書いてしまう危険性が伴います。それでは意味がないので、しっかり自分の実力を身に着けるために基礎知識をしっかりつけて臨みましょう。

また、ライティング初心者は、案件が初めての場合は信頼度が低いため、単価が安い傾向にあります。徐々に記事の内容が認められていけば、単価も上がっていくこともありますが、それまでは地道な努力が必要になってきます。初めのうちは内容を意識することも大事ですが、何よりもクライアントの要望にできるだけ応えるように、慎重に記事を書いていくことが大切です。その後に、もし記事に間違いがあるのであれば、早急な対応を心掛けてしっかり直すという動作をコツコツとやっていけば、きっと信頼されて、単価が上がるきっかけになることでしょう。

ライティングの相場はいくらなのか?

ライティングの相場はいくらなのか?

ライターとして気になるライティングの相場。まず慣れてきた方であれば、案件の内容で気になるのがジャンルと単価であると言えるでしょう。それほど1文字当たりの単価は重要なのです。多くの文字を書いたとしても、単価が低ければもらえる報酬も少なくなります。そう考えると、少しでも単価が高い方がライティングをする上では理想です。

クラウドソーシングでの案件を見ていると、大体の相場は1文字当たり0.3円~0.5円くらいの単価が多いようです。しかし、これは当初の依頼内容なので、認められていけば、中にはどんどん単価も上げてくれるクライントもいます。期待して続けていくことも信頼を勝ち取る上で重要なことなので、気長に記事を書いてくことも単価を上げる上では大切なことです。クラウドソーシングで多くみられる案件はブログライティングが多く、その特徴は10件~100件の案件をまとめて書いて欲しいという傾向が多いと感じられます。そのため、まとまった収入を得たい方にはブログライティングはおすすめです。

ブログで宣伝をする

ライターとして初めて契約する際には、クライアントはどんな記事を書いてくるのか、参考にしたい記事を見せて欲しいという要望がくることもあります。特に、単価が高く設けられている案件に関しては、その傾向が高く、記事のURLを提示する必要があります。その時に自分の記事を見せたり、自分をアピールするためにブログを持っていたりすると便利です。そうすれば、どういった案件を請け負っているのか、経験はどれほどのものなのか判断する材料になります。それが簡易的な履歴書のようなものになるので、単価を上げるためには有効的な働きかけをしてくれることがあります。

もしも、ブログで書いてあることがクライアントの目に留まれば、向こうから案件の依頼が直接くることがあります。そういった案件は単価を上げてくれるかもしれないので、しっかりとブログでアピールを意識しましょう。また、ブログを書くことで自分の記事レベルの向上に役立てることもできるため、積極的に書いておくことをおすすめします。ブログに載せる内容は、プロフィール、得意ジャンル、今の執筆状況などを忘れずに書いておくといいでしょう。

ライティングの単価を上げるなら地道にコツコツと書く

>ライティングの単価を上げるなら地道にコツコツと書く

ライターとして活躍するのなら単価が高い方がもちろんいいでしょう。ただ、いきなり高単価の案件をしたいといっても、クライアントが認めてくれるかはわかりません。認めてもらいたいのであれば、一番の方法は地道に案件を達成していくことです。そうすれば、いい記事を書いてくれると、信頼も上がり単価も上げてくれることでしょう。

しかも、自分の文章能力の向上するきっかけにもなるため、経験値を積む上でも地道にやっていく方が認められやすくなります。ライティング相場は1文字当たり0.3円~0.5円が多いと言われていますが、それ以上の単価を報酬として支払っている方はいます。実績が認められての単価なので、それを目指して一つでも多くの記事を書くことが単価を上げていく秘訣と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事