使いすぎて大ピンチ!3日以内に1万円を稼ぐ方法とは?

2017/08/17
どうしよう!3日以内に1万円を稼ぐ方法とは?

急な事情でお金が必要になってしまったとき、どうしていますか?家族や友人に借りるという手段もありますが、なかなかお金の相談はしづらいものですよね。できれば自分で稼いだお金でまかないたいというのが本音ではないでしょうか。そこで、3日以内に1万円を稼ぐならどうするかついてアンケートをとってみました。アンケートで集まった、具体的な方法をご紹介していきます。

在宅ワークや日払いアルバイトが人気!

アンケートでは、限られた時間で働いてやりくりするという回答が最多でした。そのほか、仕事先に勤務日変更や給料前借りをお願いする、私物をオークションに出す、クラウドファンディングに近い方法を試すという意見もみられました。

  • 副業サイトに登録して、ライティングなどの副業を行って、稼ぐと思う。(20代/女性/無職)
  • 短期アルバイトをするか、クラウンドソーシングサイトに登録して3日間必死に稼ぐ(20代/男性/無職)
  • 今やっている家庭教師先のご家庭に、当月の3回分の日程を、この3日間に変更してほしいとお願いする。(30代/女性/パート・アルバイト)
  • 公表しても差し支えないものであれば、その理由とともに「稼ぎたい」ということを人と会うごとに、かつSNSを通じて訴え、自分が提供できる(お役に立てる)ことと引き換えに支援をお願いする。了解をもらえたら日にちの予約をとって、お金はその場で頂戴する。(クラウドファンディングの個別直談判スタイル?)(40代/女性/個人事業主)
  • 無理なものは無理なので、稼ぐという考え方は捨てて、物を売るとか質に入れて借金をするか、親とか誰かに借りればいいと思います。貯金を崩すとかもいいと思います。(20代/女性/パート・アルバイト)

短期間でまとまったお金を稼ぐための手段として人気が集まったのは、日払いアルバイトやクラウドソーシングでした。アンケートの回答からは、日払いアルバイトは比較的時給が高い点、クラウドソーシングは時間や場所を問わず稼げる点がメリットであることが伺えます。

1日あたり3,500円程度の案件をこなせば目標の1万円に届くため、現実味のある手段と言えるでしょう。いつもの仕事先に交渉する、私物を売る・質に出すなどの手段を上回って、日払いアルバイトやクラウドソーシングが多く選ばれた今回のアンケートからは、副業という働き方が広く浸透していることが分かりました。

上手に副業やインターネットを活用しよう!

一昔前であれば、急なお金が必要になれば質屋を使うのが一般的でしたが、副業が普及してきた近年では、短期間のうちに自力で稼ぐことが現実的になってきているようです。日払いアルバイトやクラウドソーシングを活用して、必要なお金を必要なときにがっつり稼ぐ人が増えていることが分かりました。また、一部ではありますが、クラウドファンディングのような方法で稼ぎたいという意見も見られました。今後はクラウドソーシングやクラウドファンディングのように、インターネットを利用した上手な稼ぎ方が人気を集めていくことがうかがえます。

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2017年07月28日~2017年08月11日
■有効回答数:100サンプル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅ノート編集部

WRITTEN BY在宅ノート編集部

こんにちは。在宅ノートはひとりひとりに合った働き方を応援するメディアです。働き方についてさまざまな悩みを取り上げ、情報を発信しています。

icon-twitter-square @zaitaku_note 

あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事