定期貯金とwebライティング、どちらが稼げるか比較してみた

2017/08/22
定期貯金とwebライティング、どちらが稼げるか比較してみた

お金を稼ぐ手段もいろいろありますが、諸事情により外で働くことが難しいとお金を稼ぐ方法が限られてしまうと考えるでしょう。自宅にいながらでも内職をすることでお金は稼げます。内職の仕事の中でもwebライティングは初心者からプロまで取り組みやすい仕事として注目されています。他にも定期貯金や投資などもお金を増やす手段になりますが、どちらのほうが自宅にいながら効率よくお金を稼ぐことができるのか比較してみます。

安全で確実な資産運用方法、定期貯金のメリット

資産運用の方法として投資を始める方も少なくないですが、投資は損をする危険性もあるため安全で確実にお金を増やす方法とは言い難いです。損をせずにできるだけ多くの利益を得るための手段のひとつに定期貯金があります。

銀行の預金金利は年々減少しており銀行にお金を預けてもわずかな利息しかつかないのが現状です。いつでもお金を引出しできる普通預金と違って、定期貯金は預入期間が決められておりその期間は基本的に預金を引き出すことができない仕組みとなっています。預入の金額が多くしかも期間が長くなると金利も高くなり利息も多くつくようになります。また定期貯金なら他の金融商品のように元本割れを起こすこともありませんので、損をすることはほとんどありません。

ある程度まとまったお金を用意できるのであれば定期貯金は安全で確実な資産運用の方法だといえるでしょう。ただし定期貯金の金利や商品は預け入れる金融機関によって異なりますので、より良い条件でお金を預けられる金融機関やサービスを探すことが効率よくお金を増やすポイントになります。

金融機関のウェブサイトにて商品の紹介がされていますので、内容やサービスをよく比較してみて決めるようにしましょう。ただし金利の高い定期貯金は途中解約の際に元本割れを起こすなどのリスクもあります。万が一解約するときのことも考えてリスクについてもよく調べておきましょう。

初心者でも始められるwebライティング

初心者でも始められるwebライティング
内職は外で働くのと比べて報酬が低くなりがちだと考えられていますが、その状況は変わってきています。インターネットの普及によりWebデザイナーやシステムエンジニアといった専門的な知識を必要とする内職の需要が高まってきており、報酬も高めに設定されるようになってきています。しかしWeb関連の仕事は専門知識や経験が必要とされており、未経験者が簡単に引き受けられる仕事ではありません。

内職を行うならできるだけ効率よく稼ぎたいと考えるのが本音でしょう。需要も高まっており、がんばり次第で稼ぐことができる内職の仕事にwebライティングがあります。インターネット広告やwebサイトの需要増加、クラウドソーシングサービスの拡大などにより、webライティングの需要も急速に高まってきています。しかもwebライティングの場合は初心者でも応募可能な案件が多く見つかることや、ライティングのジャンルが豊富にあるのが特徴です。

webライティングといっても専門的な知識を必要とせずに、基本的な文章力があればこなせる案件も多いことから、初心者でも始めやすいのです。なかには文章の書き方まで指導してくれるところもありますので、働きながらスキルアップしていくことも可能になります。報酬の幅も広くwebライティングを始めたばかりのころは高い報酬を得るのは難しいですが、数をこなして経験を積んでいくと高い報酬の案件も任せられるようになってきます。

効率よく稼ぐなら定期貯金よりもwebライティング

効率よく稼ぐなら定期貯金よりもwebライティング
定期貯金でお金を増やすとのwebライティングを比較してみたところ、webライティングのほうが効率よくお金を稼ぐことができると考えられます。確かに定期貯金はお金を預ければ利息が得られるのですが、どんなに好条件の定期貯金でも利息だけで一カ月あたり数万円以上の収入を得ることは難しいでしょう。Webライティングは仕事も豊富にありますので、単価の低い案件でも数をこなせば一カ月あたり数万円の報酬を得ることが可能になるのです。

また今後経験を積んでいけばがんばり次第で月に10万円以上の報酬を得ることもでき、フリーのWebライターとして生計を立てられるくらい稼げるようにもなります。しかもWebライティングは隙間時間を狙って仕事をこなすことができます。パソコンとインターネットにつながる環境さえあれば場所も時間も選びませんし、シール貼りや組み立ての内職と違って内職時に必要な道具を広げる必要もありませんので省スペースで仕事ができるのも魅力です。

自分の空き時間を上手く活用して仕事を行うことができますので育児や介護で忙しく外に働きに出ることが難しい方でも、在宅で働くことが可能になります。

収入源を複数持って安定収入を目指す!

定期貯金で確実にお金を稼ぐのもよいのですが、それだけでは十分にお金を増やすことは難しいでしょう。定期貯金の中には金利が変動するタイプもありますので、当初の予定よりも金利が低くなってしまうことも考えられます。定期貯金とwebライティングを比較してみたところ、webライティングの仕事をこなす方がより多くの収入を得ることにつながります。

そして資産運用と並行しながら働くことでより多くの収入を得ることが可能になるのです。ある程度預金に回せる資金があるのなら条件の良い定期貯金に預けながらwebライティングの仕事をこなしてお金を増やしていくことができます。複数の収入源を持つことで収入が増えますし、安定した収入が得られるようになるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅ノート編集部

WRITTEN BY在宅ノート編集部

こんにちは。在宅ノートはひとりひとりに合った働き方を応援するメディアです。働き方についてさまざまな悩みを取り上げ、情報を発信しています。

icon-twitter-square @zaitaku_note 

あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事