副業するならどっち?投資信託とwebライティングを比較してみた!

2017/08/24
副業するならどっち?投資信託とwebライティングを比較してみた!

会社員でも副業が許されるケースが増えてきていますし、家事や子育ての空き時間を利用して副業をする人も多くいます。副業を考える場合、投資によって利益を得る方法や、ネット上のサービスを活用して収入を得る方法などさまざまな選択肢があります。

どんな副業をすることで収入をアップさせるのかについては迷うところですが、ここでは投資の1つである投資信託の購入とネット上のサービスの1つであるwebライティングについて比較して考えてみます。

投資信託への投資で副業する

投資信託への投資で副業する

投資には、株式や債券、投資信託、そしてFXなどさまざまな種類があります。その中でも投資信託は、少額でも投資でき、分散投資が行われリスクが低減されている金融商品ですので、初心者でも比較的始めやすい投資商品だといわれています。副業として投資信託を購入して分配金をもらう、もしくは基準価額の上昇によって売却益を得ることができれば、狙い通り副業収入を得ることにつながります。ただし、投資信託を購入する場合は、少額であったとしても元手となる資金が必要になりますので、余裕資金がまったく人は実行が難しいでしょう。

また、少額の投資用資金があったとしても、少額の投資信託購入にとどまっている限りは、リターンの大きさには限界がありますので希望する副業収入は望めない可能性が高いでしょう。それでも、株式投資と比較すると、一般的には大きく値下がりするリスクは低いですし、一旦投資したあとは、自分の貴重な時間をそれほど使うことなく定期的に分配金収入が得られるなどのメリットはあります。最初は少額の資金で初めて、徐々に投資金額を大きくしていくことができれば、いずれは副業として満足できるレベルの収入が得られるようになるでしょう。

Webライティングで副業する

Webライティングで副業する

副業レベルの収入が得られるネット上のサービスはいろいろありますが、文章を書くことがそれほど気にならない、または得意だという人であれば、webライティングをやってみるとよいでしょう。ネット上には、webライティングで収入が得られるサービスを展開している事業者のサイトがたくさんあります。webライティングを副業で行うメリットは、空き時間を使ってコツコツと収入を積み上げることができる点です。投資をする場合には、赤字の発生によって収入を増やすどころか資金を減らしてしまうリスクもありますが、webライティングの場合は赤字が発生することはありませんので、地道に副業で稼いでいきたいという人には向いているでしょう。

また、読者の希望を想像したりクライアントの要望に応えたりすることが必要な仕事ですので、顧客心理や得意先心理の理解向上などビジネススキルの向上につながる可能性もあります。ただし、初心者のうちは、時給換算するとほかのアルバイトをした方がよかったという程度しか稼げない可能性もあります。ある程度の期間継続して、ライティングのスキルを磨いていくことが、希望する副業収入を得るためのポイントといえるでしょう。

投資信託とwebライティングを比較してみたらどっちをやるべき?

投資信託とwebライティングを比較してみたらどっちをやるべき?

副業として、投資信託とwebライティングの2つを紹介しましたが、どちらが自分に合っているかについて迷ってしまう人もいるでしょう。どちらを選択するべきかを判断する場合は、ポイントを絞って比較すると判断しやすいはずです。2つを比較する場合のポイントは、本業以外の自分の時間を副業に充ててもよいと考えるかどうかでしょう。自分の時間を使ってもよいと考える場合には、webライティングを選択し、できるだけ自分の時間は使いたくないという場合には投資信託への投資をやってみることがおすすめです。

また、副業の主な目的は収入を得ることですが、それ以外にどんなことを得たいのかという点もポイントになるでしょう。投資信託を副業として行う場合には、投資対象となる金融商品の知識や世界の経済情勢・金融政策の方向性などについての知識を深めることができます。webライティング行う場合には、ライティングのスキルはもちろん、ライティングを行うにあたって調べるときに幅広い知識が得られます。これらのポイントに注目してどちらを副業としてやっていかについて決めていくとよいでしょう。

webライティングと投資信託の両方を副業として行う

投資信託とwebライティングを比較した場合、どちらがよいかについて、ポイントをあげて説明してきました。特徴を比較して自分に合った方を選ぶのが一般的ですが、両方やってみるという選択肢も考えられます。例えば、webライディングの収入の一部を投資信託の購入資金に使い、両方から収入を得るという方法です。

どのような形で副業を行っていくかについては、人によって最適な方法は変わります。これから副業を始めようという人は、実際に体験してみないとわからないこともありますので、自分に合っている副業は何かを知るために、まずはいろいろな副業を試してみることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅ノート編集部

WRITTEN BY在宅ノート編集部

こんにちは。在宅ノートはひとりひとりに合った働き方を応援するメディアです。働き方についてさまざまな悩みを取り上げ、情報を発信しています。

icon-twitter-square @zaitaku_note 

あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事