副業での株式投資とwebライティングの2つを比較してみた

2017/08/26
副業での株式投資とwebライティングの2つを比較してみた

副業で収入をアップさせたいという場合、短期間で大きなお金を得たいのか、地道にコツコツと稼ぐのかによって、どんな副業を選ぶべきかが変わってきます。短期間で利益が得られる副業としては株式投資、地道に稼ぐ仕事としてはwebライティングなどがあげられますが、それぞれメリットとデメリットを確認した上で、どんな場合にどちらが有利なのかについて比較してみます。

副業として株式投資を行うメリット・デメリット

副業としてwebライティングを行う場合のメリット・デメリット

副業で収入を得たい場合、さまざまな方法が考えられます。その中の1つとして株式投資で利益を得るという方法があります。副業として株式投資を行う場合は、メリットとデメリットの両方がありますので知っておく必要があるでしょう。株式投資を行う場合のメリットは、リターンが大きくなる可能性があることです。投資金額の2倍3倍になって資金が戻ってくる可能性もありますし、売却益だけでなく配当収入も狙えます。また、株式投資は銘柄分析などを行う時間は必要ですが、それ以外はほとんど自分の時間を使う必要がないというメリットもあります。

一方、デメリットはというと、副業で株式投資を行って利益を得ようと思ったにもかかわらず、株価が下がり売却損が出る可能性があるという点があげられます。また、もう1つのデメリットとしては、株式投資を行う場合には元手がないとできないという点です。投資は余裕資金で行うのが鉄則です。そのため、余裕資金がない状態での株式投資は、投資時に必要な冷静な判断ができなくなる可能性がありますのでおすすめできません。使う予定がある資金を株式投資に回してしまって損が出たら副業で収入を得るどころか、家計の足を引っ張ることになってしまいかねません。

副業としてwebライティングを行うメリット・デメリット

副業としてwebライティングを行う場合のメリット・デメリット

Webライティングも副業としては有力な候補になります。webライティングとは、クラウド上などで募集されている記事の投稿や、ネット上で依頼を受けて記事執筆などを行うことによって収入を得る仕事です。クラウドの仕組みが発達したことによって注目されてきた仕事の一種です。副業としてwebライティングを行う場合のメリットとしては、空き時間を上手く使って収入を得ることができるという点です。会社員であれば終業時間外の朝や夜、子育て中の主婦であれば子供が幼稚園などに行っている間などの時間を有効活用できる点が魅力です。また、文章を書けば書くほど収入につながる仕事ですので、赤字になる心配がない点も大きなメリットといえるでしょう。

一方、デメリットもあります。Webライティングのデメリットとしては、短期間で大きなお金を稼いだり、ほとんど労力をかけずにお金を稼いだりすることができないという点でしょう。Webライティングは、文章を書くという労働時間にほぼ比例して収入が上がっていくタイプの仕事です。そのため、ある程度の副業収入得ようとする場合には、それなりの時間を投入しない限り達成できないでしょう。

副業としての株式投資とwebライティングを比較してみた

副業としての株式投資とwebライティングについてメリットとデメリットをそれぞれご紹介してきました。それぞれ一長一短がありますが、副業としてはどちらを選択するのが有利になるのでしょう?結論としては、手元に余裕資金がある場合には株式投資を行い、手元に余裕資金がない場合にはwebライティングをするという選択がおすすめです。手元に資金がある場合は、そのお金に働いてもらうことによって、株式投資で利益を得ることが効率的です。そうすれば、自分の貴重な時間を使うことなく副収入が得られます。

一方、資金がなくても、パソコンやタブレット、そしてインターネットにつながる環境があれば、誰でもできるというのがwebライティングの特徴です。webライティングは自分の時間を使って行うことになりますが、文章を書くスキルが向上したり、書くために調べることによって豊富な知識が得られたりといったことも期待できます。そのため、単に副収入が得られるというだけでなく、自分の成長にもつながる魅力がある仕事といえるでしょう。また、webライティングで株式投資を行うための資金を生み出すというのも選択肢の1つです。

焦りは禁物

副業として株式投資を行う場合は、株価が下がり売却損がでるリスクがありますが、慎重に銘柄選択をして冷静に取引をすることによって、ある程度損失が発生するリスクを低減できます。また、webライティングを副業として行う場合も、文字単価がなかなか上がらないからと書くことをあきらめてしまったり手抜きをしたりするのではなく、自分のスキルを磨く努力を怠らず地道に続けることでクライアントから信用を得ることが大切です。

信用が得られれば文字単価のアップやリピート依頼などによって徐々に収入はアップしていくはずです。どちらの副業を行う場合でも、焦りは禁物ということを肝に銘じておくとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅ノート編集部

WRITTEN BY在宅ノート編集部

こんにちは。在宅ノートはひとりひとりに合った働き方を応援するメディアです。働き方についてさまざまな悩みを取り上げ、情報を発信しています。

icon-twitter-square @zaitaku_note 

あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事