稼ぎやすいのはどっち!?アフィリエイトとwebライティングの特徴を徹底比較してみた!

2017/08/27
稼ぎやすいのはどっち!?アフィリエイトとwebライティングの特徴を徹底比較してみた!

パソコンを使って在宅で収入を得るには実に数多くの方法がありますが、その中でも比較的簡単に始めやすいのが、難しい専門知識を必要としないアフィリエイトやwebライティングです。webサイトやブログによるアフィリエイトなら、記事を執筆するという点がwebライティングと一致していますが、果たしてどちらのほうが稼ぎやすいものなのでしょうか。それぞれがどのような特徴を持っているのかを踏まえて稼ぎやすさを比較してみたので、これから始めたいけどどちらにしようか迷っている人は参考にしてみてください。

広告クリックや登録が基盤!成功すれば高い収入を得られるアフィリエイト

広告クリックや登録が基盤!成功すれば高い収入を得られるアフィリエイト
自らが運営するwebサイトに広告を載せ、それをクリックしてもらったり、リンク先へ飛んで会員登録や商品の購入をしてもらったりすることで成果報酬として収入を得られるのがアフィリエイトの特徴です。webサイトにある広告をクリックしてもらうために、アフィリエイトの対象となっている商品やサービスを直接紹介するという方法もありますが、役に立つ内容の記事を充実させ、読者を長い時間サイト内に留まらせることで広告のクリックを促すという手法も取られています。

いずれにしても、webサイトの閲覧数を増やすために、コンテンツを増やし続けたり、SEO対策(検索で上位にくるための対策)をしたりする必要が出てくるでしょう。また、オリジナリティの溢れるwebサイトを自分で作り込むのならHTMLやCSSに関する専門知識が必要とされますし、ホームページ作成を依頼する場合にはその道のプロに依頼料を支払うことにもなります。どれくらい稼ぐことができるのかは、そのサイトの閲覧数や広告配置の工夫などによりけりですが、一カ月で得られる収入が数千円単位から数百万円単位まで幅広いです。確実に収入を得るためにサイトのコンテンツを充実させるまでは新しい記事を毎日のように更新する必要はありますが、成功さえすれば、一週間に一回程度更新するだけで安定して高い収入を獲得し続けることも可能というのが、アフィリエイトの大きな魅力だといえるでしょう。

指示通りに書けばいい?すぐに報酬をもらえるwebライティング

指示通りに書けばいい?すぐに報酬をもらえるwebライティング

webライティングがアフィリエイトと大きく違うのは、アフィリエイトがブログやwebサイトを開設してお金を稼ぐためのシステムを構築する必要があるのに対し、webライティングは記事を書くことそのものを仕事として認められ、報酬を得られるという点にあります。在宅webライターの仕事をする場合は、主に成果報酬型となっており、時給や月給換算というわけではありません。1文字の単価として金額が設定されており、安ければ1文字0.1円程度から、高めなら1円や2円など、報酬はクライアントの予算や請け負う仕事のレベルによって左右されてきます。

基本的にはクライアントの指示や希望に沿った記事を執筆して納品するスタイルなので、一体どんなテーマで記事を書けばいいのかわからないという人には適しているでしょう。会社やクライアントによっては、わかりやすい記事作成マニュアルを提供してくれるため、それを見ながら丁寧に記事を執筆していけば、スキルアップにも繋がります。また、取引をしているクライアントや利用しているクラウドソーシングサイト、およびライティングサイトによりますが、アフィリエイトよりも早めに報酬が入金される可能性が高いというのも特徴の1つです。執筆した分以上の報酬は基本的に得ることができませんが、着実に収入を得たい場合にはwebライティングが適しています。

結局稼ぎやすいのは?アフィリエイトとwebライティングの大きな違い

結局稼ぎやすいのは?アフィリエイトとwebライティングの大きな違い
どちらも同じパソコンを使って記事を書く在宅ワークというスタイルであっても、報酬額の決まり方や記事の書き方、見込める収入や労働時間の違いは明らかです。webライティングで稼げるかどうかは、どれだけ記事を執筆するか、どれだけ好条件の単価で仕事を請け負うかで変わってきます。しかし、アフィリエイトの場合はそもそもきちんと稼ぐことができるかどうかというのは保障されていません。持っているノウハウや記事の執筆量、運などの要素によってはwebライティングでコツコツと稼ぐよりも遥かに大きな金額を取得できる可能性もあります。そのため、どちらのほうが稼ぎやすいものというのは一概にはいえません。

ただ、webライティングはクライアントの指示通りに記事を仕上げなければならないのに対し、アフィリエイトで記事を執筆する場合は自分の思い通りの内容にすることもできるので、自由度の高さで考えるのなら、アフィリエイトのほうが作業のしやすさという面で秀でているという見方もあります。逆に、どうすればアフィリエイトで絶対に稼げるのかというのが明確に決まっていないためどんな記事を書けばいいのか迷ってしまうこともあるのに対し、webライティングはクライアントのニーズに応えるだけで確実な報酬を得られる点で優れているという見方もできるでしょう。

それぞれによさがある!?ライフスタイルや好みに合わせて選ぼう

アフィリエイトとwebライティングの特徴と相違点について触れてきましたが、いかがでしたか?どちらもそれぞれのよさがあり、デメリットも異なるということがはっきりしたのではないでしょうか。記事を書くこと自体は共通していることですが、ギャンブル性がある、いつきちんとした報酬が得られるかがあやふやであったとしても、大きく稼げる可能性に欠けたいのならアフィリエイトのほうがよいでしょう。

逆に多くは稼げなくても、堅実に仕事をこなしてそれに見合った報酬を着実に獲得していきたいのならwebライティングのほうが安心できます。どちらが稼ぎやすいと思うかは人それぞれですから、自分のライフスタイルや好みに合わせて選択してみるとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅ノート編集部

WRITTEN BY在宅ノート編集部

こんにちは。在宅ノートはひとりひとりに合った働き方を応援するメディアです。働き方についてさまざまな悩みを取り上げ、情報を発信しています。

icon-twitter-square @zaitaku_note 

あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事