ベビーシッターの利用は働く親の強い味方になる!?

2017/05/26
ベビーシッターの利用は働く親の強い味方になる!?

日本では、ベビーシッターを利用する人は、あまり多くないように思われますが、実際にはどうなのでしょう。仕事をしたいと思っていても子育てをしながらだと、なかなか思うようにできないという人も多い中、海外ではベビーシッターを利用して上手に調整をしている人たちもいます。そこで、日本でのベビーシッターの利用に関して、どのように考えているかのアンケートをとってみました。

ベビーシッターを利用していますか?

【子育てに関するアンケート】ベビーシッターを利用していますか?

安全面の不安から利用していない人がトップ

アンケートの結果を見ると、ベビーシッターを利用することに関して、安全面からの不安が払しょくできないために、利用に踏み切れずにいる人がもっとも多いという結果になりました。

  • 過去形になってしまいますが自分たち夫婦は利用しませんでした。単純な理由はやはりどんなに信用できる人でも他人に我が子を預けるのは勇気がいりました。いろいろなニュースを見聞きするので、いつどんな状況で我が子にそれが降りかかるかと考えた場合、100%安心して預けることは不可能だという結論になりました。(50代/男性/公務員)
  • なんとなく不安があるので利用していません。保育園の一時保育などを利用しています。(30代/女性/専業主婦(主夫))
  • 知らない人に家に上がられるのは嫌だし、よく芸能人が物を取られたりお金をとられたりというトラブルにもあっているので利用しない。(40代/女性/専業主婦(主夫))

安全面からの不安からベビーシッターを利用しないとしている人たちの多くは、ニュース等でトラブルなどを見聞きして判断している場合が多いようです。よく知っている人であっても、子どもを預けることに抵抗を感じる人もいます。ベビーシッターを利用するということの前には、全く不安がないという安全面での高いハードルのクリアが必須条件と考えられているようです。

自分の時間を有効活用するためにベビーシッターを利用する人も

アンケートの結果、ベビーシッターを有効に活用している方は、自分の時間をうまく活用するために利用していることがわかりました。

  • できるだけ自分の時間を取られたくないと思うからであり、必要性があるから(20代/男性/学生)
  • 記念日などに、二人で食事に行くときにベビーシッターをお願いしています。(30代/女性/専業主婦(主夫))
  • 在宅で仕事をしていたので、立て込む時間だけ市のファミリーサポートセンターのシッターさんに来ていただいていました。(40代/女性/個人事業主)

子どもと接する時間を多く取りたいという気持ちはあるものの、自分の時間や仕事などの時間とのバランスを取るのはとても難しいものです。プロフェッショナルなベビーシッターに一時的にお願いするだけで、これらが解消できます。ベビーシッターをお願いするという人たちは少数派になりましたが、子どもと離れている時間を安心して過ごすためには有効な手段と言えそうですね。

ベビーシッターの健全な利用が鍵

ベビーシッターの利用は、子育てに時間を取られがちな環境を改善してくれます。これから仕事復帰したい、または家で在宅の仕事をしたいと思っている人がベビーシッターを利用したいと考えるのはごく自然なことでしょう。とはいえ、アンケートにもありますように、実際に利用する場合には、安全面とコスト面からの改善は不可欠です。今後、より多くの利用者が安心して利用できるようになれば、子育てと仕事、家庭と社会の両立ができ、積極的な社会復帰ができるようになるでしょう。ベビーシッターはそのための手段の一つだと考えるといいのではないでしょうか。

■調査地域:全国
■調査対象:【子供】有り
■調査期間:2017年04月21日~2017年05月05日
■有効回答数:100サンプル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅ノート編集部

WRITTEN BY在宅ノート編集部

こんにちは。在宅ノートはひとりひとりに合った働き方を応援するメディアです。働き方についてさまざまな悩みを取り上げ、情報を発信しています。

icon-twitter-square @zaitaku_note 

あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事