貯金していますか?主婦は賢く在宅ワークで貯金している

2016/12/21
貯金していますか?主婦は賢く在宅ワークで貯金している

学費や医療費、万が一のトラブルに備えて主婦にとって貯金は重要な問題です。アルバイトやパートのほか、近年では在宅ワークによって副収入を稼いでいる主婦も多いようです。ここでは主婦の貯金事情のほか、小遣い稼ぎや貯金に有効な稼ぎ方についてもまとめてみました。

主婦の方に質問!現在の貯金額を教えてください

主婦に現在の貯金額を聞いた結果、回答は以下のようになりました。

主婦の方に質問!現在の貯金額を教えてください

つまり、主婦の多くが10万円以上の貯金をしていることになります。この背景には将来への危機管理の意識が高くなっていることが窺えます。現代では経済の先行きが安定せず、夫の勤めている会社が全体に安泰とは言い切れなくなっています。そのため、もしものことがあってもしばらくは生活を維持できるように貯金をしておくことの重要性を意識する主婦が増えているのでしょう。
その他、子どもの学費や結婚資金、両親の介護、家や車のローンなど家庭を築くための出費はいろいろあり、それに備えるということでもあります。もしも急に大きな出費が必要になっても借金をせずに済むよう、貯金は大きいにこしたことはないのです。
貯金には二つの方法があり、毎日の生活費を節約して差額を貯金していく方法と、副収入を貯金に充てていく方法です。そのため、主婦の中にはアルバイトやパート、在宅ワークなどの副収入に力を注いでいる人も多いのです。

結婚、妊娠、育児、介護、看護…どのくらいのお金が必要?

では、家庭生活ではどれほどのお金が必要かを考えてみましょう。
まずは結婚に必要なお金です。結婚式は借金をする人も多いほど大きな出費を要するイベントです。規模にもよりますが一般的には200万円から400万円の間だと言われています。そのうえ、新婚夫婦の多くが新居に移転するのでここでも新たに諸経費が発生します。家賃や家具などを一通りそろえようと思えば余裕を持って200万円ほどは見繕っておいたほうがいいでしょう。すると、結婚式を挙げて新生活を始めるまでに500万円ほどの経費がかかり、結婚生活の初期はこれらの経費をローンで返していくことになっても不思議ではないのです。

また、子供が生まれれば独立するまでにかかる費用は一人当たり3000万円ほどだといわれています。子育てが終われば親の介護が待っています。親への介護費用は300万円前後だといわれています。この他にも日々の医療費、他人の香典やご祝儀など生活にはお金がかかることばかりです。貯金はいくらあっても無駄ではないでしょう。

結婚、妊娠、育児、介護、看護…在宅ワークでしっかり稼ぐおすすめの方法

もろもろの家事をこなしつつ、副収入を得たいという主婦には在宅ワークをおすすめします。特に手が離せない小さな子どもや要介護の高齢者がいる家庭では、外出の必要があるパートやアルバイトよりも在宅ワークのほうが稼ぎやすい仕事だといえます。

在宅ワークといえば単純作業中心の内職と思われがちですが、近年ではインターネット上のサービス、クラウドソーシングによって案件を受注する主婦が増えています。クラウドソーシングでは設計、デザイン、シナリオライティングなどさまざまな職種が随時、働き手を募集しています。能力のある人は名乗りを挙げ、自己アピールをすることで仕事を獲得できる仕組みです。
しかし、経験がない人なら初心者でも仕事を受注しやすいwebライティングの仕事がおすすめです。インターネット上に掲載される記事を条件やテーマに沿ってクライアントの注文通りに仕上げるのがwebライティングの仕事内容です。記事構成などはあらかじめ提示されているので、ずば抜けた文章能力がなくても十分に稼ぐことが可能です。

毎日1時間!目標を決めてしっかり働く

クラウドソーシングで仕事を受けた場合、どんな稼ぎ方が実現するのでしょうか。まず、家事や介護の合間のわずかな時間で仕事をすることが可能になります。仮にwebライティングの単価が1字1円だとしましょう。そして、1500字、つまり原稿用紙4枚分程度の案件を受注したとします。慣れた人ならばリサーチや見直しの時間を考えても1時間ほどで執筆は完了します。しかもずっとパソコンの前に座っている必要はありません。その間に電話をしていても家事をしていても食事をしていてもいいのです。記事が納期通りに正しい内容で納品されるのであれば、働き方は自由です。

ただし、気をつけたいのは家事に支障をきたさないことです。在宅ワーク、特にwebライティングは頑張れば頑張るほど収入が増えていくシステムです。そのためつい『あともう少し』と仕事にのめり込んでしまいがちです。しかし、あくまで副収入は副収入、本業をおざなりにしていいものではありません。毎日1時間とするなど目安を定めて、短時間で集中して行う習慣をつけるのがおすすめです。

何かあってからでは遅すぎる。未来のために貯金しましょう。

在宅ワークの目的としては小遣い稼ぎももちろん大切です。主婦がちょっとした気晴らしをしたいときにお金がなくては何もできません。しかし、それ以上に在宅ワークのメリットは将来に向けて貯金が楽にできるということです。家庭生活ではどんなトラブルがあるか分からず、独身生活のように自分のことだけを気にして湯水のようにお金が使えるわけではないのです。自分以外の家族が思わぬ出費を強いられることもあります。夫が交通事故に遭うかもしれないし、子どもが服を破いて帰ってくるかもしれないし、親が思わぬ病気にかかってしまうかもしれないし、予想外の事態に何度も出くわすことでしょう。そんなとき、使えるお金がなければ深く後悔をするはずです。たとえ、直近でお金を使う予定がなくても貯金をする習慣を身につけましょう。むしろ、お金が必要でない時期こそ余裕を持って副収入を稼ぎ出すチャンスです。そして、来るべきトラブルに備えておく姿勢が大切です。在宅ワークは家事や育児のリズムを崩さず、家族にも負担をかけずに貯金ができる方法だといえます。

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2016年12月01日~2016年12月08日
■有効回答数:100サンプル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事