妊婦でも無理なくできるおすすめの仕事とは?

2017/01/10
妊婦でも無理なくできるおすすめの仕事とは?

妊娠中は体調が不安定になり、普段通りの業務を続けるとリスクが生じてしまう可能性があります。会社の理解を得ながら業務を調整していくことが望ましいですが、場合によってはうまくいかず、退職をするケースもみられます。会社には妊婦のサポートをする義務がありますが、制度が整っていなかったり、上司の理解を得られなかったりと、まだまだ課題は残っているのです。妊婦が仕事を辞める代表的な原因や退職を決断する前に知っておきたい会社の支援制度、そして妊婦でも無理なく取り組める仕事についてご紹介します。心身を大事にしながら、無理のない範囲でお金を稼ぎ、金銭面での不安を解消していきましょう。

妊婦が仕事を辞める原因とは?

働く女性が妊娠した場合、会社のサポートを受けながら仕事を続けるケースもあれば、妊娠を機に会社を辞めてしまうケースもあります。妊娠がきっかけで会社を辞める場合、どのような背景があるのでしょうか。

まずは働き方そのものが、身体の負担になるというケースです。たとえば接客業や宅配業など、立ち仕事で身体をフルに使う仕事の場合、妊娠中の身体に大きく負担をかける可能性があります。むくみや腰痛などにつながるほか、転倒のリスクもあるため、仕事を辞めてしまうということがあるのです。

また、通勤中の満員電車など、会社の外で身体に負担がかかるケースもあります。自家用車で通勤ができない場合、出勤そのものが困難になってしまうのです。産休・育休に対して周囲の理解が得られないというケースもあるでしょう。マタハラという言葉が注目されているように、妊婦にとって心無い対応をする企業や職員が存在するのは事実です。出産に向けて、あるいはその後の職場復帰に向けて周囲の協力が得られそうにないため、この機会に退職してしまおうという決心につながるのです。

会社の支援制度を活用してみよう

妊娠中でも仕事を続けたいという場合、まずは会社の支援制度を調べ、しっかり活用していくことが大切です。男女雇用機会均等法によって、事業主には妊娠中の女性への配慮が義務付けられています。たとえば通勤の緩和、休憩の確保、体調不良などに対する措置、健康診査のための時間確保などです。具体的には時差通勤や通勤経路の変更、休憩時間の延長・増加・時間帯の変更、重い物の持ち運びや全身運動を伴う作業、長時間の外出を避けるなどの対応策が挙げられます。まずは会社の規定を確認し、もしルールが明記されていない場合は、医師の指導をもとに人事へ相談してみましょう。

また、会社によっては妊娠中の女性への相談窓口を設けていることもあります。相談窓口や出産経験のある先輩社員などに積極的に相談していくこともおすすめです。近年では、クラウド技術の発達により、テレワークという業務形態が浸透しつつあります。これはパソコンさえあれば、クラウド経由で遠隔地でも仕事ができるというものです。職種によってはテレワークを適用できる可能性があるため、その打診も含めて会社に相談してみると良いでしょう。

妊婦でも無理なくできる仕事とは?

あらゆる対策を講じても、やむなく退職せざるを得ない場合があります。退職したものの金銭面が不安だという場合、妊娠中でも無理なく取り組める仕事を探してみるのも一案です。近所でアルバイトやパートを探すという方法もありますが、女性向けの人材派遣会社へ登録してみることもおすすめです。女性向けの人材派遣会社であれば、妊婦や主婦など様々な女性向けの仕事を用意しており、悩みがあれば面談を通じてスタッフに相談することもできます。人材派遣会社では、1日限りの単発アルバイトなども紹介しているため、登録して情報収集をしてみると良いでしょう。

また、家にいながら仕事ができる在宅ワークにチャレンジしてみるのもおすすめです。在宅ワークとは、アンケート回答やデータ入力、さらにはwebライティングやwebデザイン、アプリ開発など様々な業務をパソコン経由で行うというものです。スキルに不安があれば簡単な仕事から、既に似たような職歴があれば難易度の高い仕事まで、自分で選んで請け負うことができるのが在宅ワークのメリットです。身体を無理に動かす必要がなく、自分のペースで仕事を選べるため、妊娠中でもおすすめの業務形態といえます。

妊娠中は心身の安定を第一にしよう

来るべき出産に向け、心身ともに落ち着けていくのが妊娠中の時期です。妊娠中に仕事を続けたいならば、会社や先輩、同僚の理解や協力を得ながら、体調に応じて業務や環境を調整していくことが大切です。また、男女雇用機会均等法などにより、会社に妊婦のケアの義務があるということも覚えておきましょう。それでも退職せざるを得ない場合、次の仕事としてチャレンジしてみたいのが人材派遣会社や在宅ワークです。特に在宅ワークであれば、それぞれのライフスタイルやスキルに応じて仕事が選べる上、スキルアップも図れるため、妊娠中でも安心してお金を稼ぎ、やりがいを得ることができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事