子持ち主婦にとって在宅ワークは魅力的!仕事選びのポイントは?

2017/02/15
子持ち主婦にとって在宅ワークは魅力的!仕事選びのポイントは?

子どもがいる家庭の多くは、子ども中心に生活が回っているのではないでしょうか。そのため、働きに出られず専業主婦になっているという人もいるでしょう。ただ、子育てにはお金がかかります。少しでも働いて家計の足しにしたい、せめて自分のお小遣いくらいは自分で稼ぎたいと思う主婦も多いのではないでしょうか。そんな子持ち主婦には在宅ワークがぴったりです。在宅ワークにはどのような魅力があるのか、そのメリットや主婦がやりやすい仕事の内容を紹介します。

働きたいけど働きに出られないジレンマ

子どもを育てるには養育費や生活費など、たくさんのお金がかかります。しかし、主婦が育児をしながら仕事をするのは大変です。赤ちゃんのうちは2~3時間置きにミルクをあげる必要があり、おむつも頻繁に変えなくてはなりません。幼児になるとハイハイするようになったり、言葉をしゃべったり、歩けるようになったり。その成長に頬を緩めつつ、好奇心のおもむくままどこへでも行ってしまう子どもから目を離すのは危険です。ご主人の給料だけでやりくりするのは厳しいという家庭なら、主婦も働きたいと思うのは当然ですよね。

しかし、保育園は競争率が激しく頼れる親類が近所にいないと、主婦が外に働きに出るのはまず難しいと言っていいでしょう。もし保育園に預けることができたとしても、パートやアルバイトだと収入より保育園代のほうが高くなってしまうケースもあるようです。それでは何のために働くのかわからなくなってしまいますよね。子供を持つ主婦が家庭と仕事を両立させるには、子どもを保育園に預けられる正規雇用の主婦か、近所に頼れる親類がいる主婦でなければ難しいのが現状でしょう。この条件に該当しない主婦は、働きたいけど働けないジレンマに陥りやすいのではないでしょうか。

在宅ワークという働き方

在宅ワークは、そんな主婦のジレンマを解決してくれる働き方です。出勤せず家での仕事になるので、通勤のために身支度をする必要はありません。子どもを保育園や親類に預けなくても、自分で乳幼児を見ながらお金を稼ぐことができます。小さい子どもは体が弱く、熱を出したり体調を崩したりしやすいものです。病状によってはすぐに病院へ連れて行く必要性も出てくるでしょう。もし保育園へ預けていたとしても、熱が出れば保育園から呼び出しがかかり、子どもを迎えにいかなくてはなりません。仕事中であれば早退しなければならず、職場に迷惑をかけてしまうことになります。

その点在宅ワークなら、気兼ねなく子どものことだけを考えて行動できます。納期さえ守れば仕事で迷惑をかけることもありません。また、乳幼児は成長のスピードが早く、あっという間に大きくなります。人間の基本的な人格は3歳までに形成されると言いますから、その貴重な時期に子どもと一緒にいられることは、親にとってもかけがえのない時間になるのではないでしょうか。仕事量を調節できるのも在宅ワークのメリットです。育児に負担をかけたくなければ仕事量を減らし、少し余裕があれば多めに仕事を請け負うことも可能なため、主婦にとって在宅ワークは最適な働き方のひとつなのです。

子持ちの主婦にとって在宅ワークって魅力的!

主婦にとって在宅ワークの魅力とは何でしょうか?全国の子どもの居る女性にアンケートで調査してみました。

出勤せず子どもの様子を見ながらできるのが在宅ワークの魅力

  • 出勤しなくていい所、自宅で自分のペースで無理なく仕事が出来る所が魅力です。(30代/女性/専業主婦/既婚)
  • 子どもを預けなくても仕事ができる。家事や育児の合間にできる。(20代/女性/専業主婦/既婚)
  • 子供を見ながら、ちょっとした空いた時間を有効に使えること。社会と少しでもつながっている感じがするし、今はがっつり稼げなくても糧になるから。(30代/女性/専業主婦/既婚)
  • 外出しなくて良い所、1番は自分の好きな時間に出来る事。(40代/女性/専業主婦/既婚)
  • 子どもの様子を見ながら仕事ができるところ。私が出かけると寂しがるので、まだ側にいてあげたいと思うから。(40代/女性/専業主婦/既婚)
  • 保育園に預けずに済む点が魅力だと思います。住んでいる場所によっては、フルタイムで働いていなければ預けられません。自分のペースで働きたい、子供の成長も見たい人には、在宅ワークが最適だと思います。(50代/女性/専業主婦/既婚)

子どもの面倒を見ながらでも働けるのは、在宅ワークの最大の魅力ひとつと言えそうですね。では、在宅ワークを探す際はどのような点に気をつければ良いのでしょうか。

子持ち主婦が働きやすい在宅ワーク選びのポイントは?

在宅ワークも仕事によっては、拘束時間が決まっているケースがあります。たとえば在宅電話オペレーターの場合、コールセンターの稼働時間内が勤務時間です。シフト制になっていることも多く、在宅で行なう以外は普通のアルバイトとあまり変わらないと言えます。子育てが一段落してある程度まとまった時間を確保できる人や、コールセンター業務の経験者にはおすすめです。ただし、子どもの緊急時や急な用事が入った時はシフトを変わってもらう必要があります。

時間の融通が効いて、スケジュール管理を自由にやりくりしたいなら、データ入力や書類作成などの事務作業、ライティングがおすすめ。1つの仕事に対して報酬が決まっているため、ゆっくり仕事をしてもパパッと終わらせても構いません。忙しくて外に働きに出られないという主婦は、まとまった時間を確保するのが難しいということがいえます。そのため、拘束時間の決まっている業務よりは納期までにデータや記事を納品するタイプの在宅ワークのほうが向いているのではないでしょうか。特に小さい子どもがいる場合、事務系の在宅ワークなら子どもの様子に合わせて仕事のスケジュールを組むことができるケースも多くあります。

まとめ

子どもがいるからこそ積極的に働いでお金を稼ぎたいですよね。自由になるお金が増えれば家計だけでなく精神的にも余裕が生まれます。また、子どもはかわいいものですが、ずっと向き合っているとそれはそれで疲れてしまうでしょう。ストレスを溜めてしまうと少なからず子どもに伝わってしまいますし、母子の精神衛生上よくありません。在宅ワークと育児を両立することで、良い意味でリフレッシュになります。上手にお金を稼いで育児ライフを充実させてくださいね。

【アンケート概要】
調査地域:全国
調査対象:【性別】女性 【年齢】20 – 29 30 – 39 40 – 49 50 – 59 【職業】専業主婦主夫 【子供】有り
調査期間:2016年12月06日~2016年12月12日
有効回答数:100サンプル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事