副業にぴったりな在宅ワークで収入をアップさせよう!

2017/06/04
副業にぴったりな在宅ワークで収入をアップさせよう!

社会人や主婦にとって貯金は重大な問題です。育児や介護、大きな病気の可能性や諸々のローン、考えていくだけでいざというときのために貯金をする大切さが再確認できます。しかし、毎月の給料だけでは生活費の支出が精一杯で貯金をする余裕がない人も多いのではないでしょうか。そんな人には副業を始めてみることをおすすめします。余った時間で簡単にできる在宅ワークが、副業の手段として今、注目を集めているのです。

在宅ワークのメリットとは?

在宅ワークを行うメリットとはその名の通り、家にいながら副業をこなせることにあります。たとえば、アルバイトやパートを考えている主婦でも思うように外出ができない理由はたくさんあります。

幼い子どもがいれば常に大人が見守ってあげる必要があります。高齢者がいる家庭では介護の必要がありますし、家業がある家では放っておいて外出することもできません。アルバイトやパートを始めることで家事や育児が疎かになってしまう可能性もあります。

しかし、在宅ワークなら家の仕事の僅かな合間を狙って副業をすることが可能です。自分のペースで行えるので、長時間集中して取り組む義務も発生しないのです。このように決められたシフトに縛られなくて済むのは大きなメリットでしょう。時間や場所に拘束されないので家庭内で急なトラブルが起こっても問題なく対処できます。

本業がある人にとっても在宅ワークは魅力的です。時間的な拘束や体力的な負担も小さいので、会社から夜遅く帰ってきても少しの時間で稼げます。休日もゆっくり休みながらパソコンで作業を行えるので、本業に支障をきたすこともありません。現代人の副業として在宅ワークはぴったりなのです。

クラウドソーシングを利用した在宅ワーク

在宅ワークにはどのようなタイプの仕事があるのかというと、袋詰めやシール貼りのような昔ながらの内職のほか、パソコンを使った仕事があります。クラウドソーシングを利用して行うパソコン作業は、効率的にも金銭面でも人気の在宅ワークとなっています。

クラウドソーシングでは多くの企業や個人が『クライアント』と呼ばれる依頼主として、案件を引き受けてくれる相手を募集しています。もしも条件が気に入って自分の能力で受注可能だと判断したら名乗りを挙げ、クライアントの探し求めていた取引相手の条件と合致すれば案件受注となります。クラウドソーシングで受注できる職種は多岐にわたります。デザイナーや設計者、シナリオライターなどのクリエイティブ業からデータ入力のような単純作業まで、条件も難易度もさまざまです。

近年、人気を集めている仕事がwebライティングです。インターネット上で読める記事を書く仕事ですが、テーマや構成はクライアントの意志に沿って行うために特別な文章力がなくてもできる仕事です。1万字を超える長い記事や連載記事などの大きな仕事から、200字程度の短い記事を担当する小さな仕事まで揃っていて、忙しさにあわせて執筆量を調整できるのも人気の理由です。

在宅ワークではどれくらいの収入が得られる?

在宅ワークでは実際にどれほどの収入になるのか、具体的に考えていきましょう。まず、袋詰めなどの内職ですがこれらは知力や体力の消耗が少ない代わりに単価が安い仕事です。ひとつ仕上げて10円未満、しかもワンセットの中にひとつでも不良品があれば値段がつかないこともあります。休みなく働いて1時間に1000円稼げれば上出来でしょう。クラウドソーシングで引き受けるクリエイティブ業の中には大きな案件も存在します。なかには数十万円もの報酬を受け取れるケースもありますが、その代わり実績や能力のある人でないと受注は困難です。また、受注後はかなりの時間を注がなければ納品できないため、本業の片手間では難しいといえます。

一方、webライティングは1字1円ほどの高額案件もあります。リサーチや見直しの時間を考えれば初心者で1時間1500円、慣れてくると1時間2000円ほどを稼ぎ出せます。しかも、執筆をこなすにつれて文章スピードや商品知識も上がるので、記事の大量生産ができるようになります。1日3000円を目安にがんばれば1カ月で10万円近くの副収入が得られるのです。がんばればがんばるだけ報われる副業だといえるでしょう。

家事や本業とのバランスを考える

在宅ワークは魅力的な副業になりえますが、気をつけたいのは日常生活に支障をきたさないことです。在宅ワークに時間を注ぎ込みすぎると生活にさまざまな弊害が起きてきます。まず家事がおざなりになります。育児や介護が手抜きになり、家族の健康状態に影響が出る事態を招くこともありえます。次に本業が手薄になってしまうことです。副業で効率よく稼ぐことを覚えてしまったからといって、本業の勤務態度が不真面目になってしまうのは本末転倒です。生活の基盤はどこにあるのかをしっかりと見定め、地に足をつけて副業を行いましょう。少し余力を残したくらいのほうが継続しやすいため、生活とのバランスが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅ノート編集部

WRITTEN BY在宅ノート編集部

こんにちは。在宅ノートはひとりひとりに合った働き方を応援するメディアです。働き方についてさまざまな悩みを取り上げ、情報を発信しています。

icon-twitter-square @zaitaku_note 

あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事