外国為替取引の「FX」、話題の「webライティング」、どちらが得か比較してみた!

2017/06/05
外国為替取引の「FX」、話題の「webライティング」、どちらが得か比較してみた!

「FX」と「webライティング」。FXは資本金を元手に外国為替取引を行い、webライティングはクラウドソーシングを利用した文章を書く作業なので内容は全く違うものです。しかし、いずれもパソコンとインターネット環境があればできるものであり、在宅でできる仕事になります。そのため最近では在宅ワークとしてFXやwebライティングを始める人も多いようです。

内容は全く違うものですが、この両者を比べた場合、確実に儲かるのはどちらなのでしょうか。今日は気になるFXとwebライティングを比較してみたので、これから始める人は参考にしてみてください。

FXとは

FXとは

そもそもFXとは「Foreign Exchange」の略であり、正式名称は「外国為替証拠金取引」と言います。証拠金という元手となるお金を預け、外貨を取引し、売買で出た利益を得る方法です。仕事というとやや疑問ですが、プロになるとFXの取引だけで生活をしている人もいます。

FXのマーケティングは常に動いており、真夜中でも取引ができます。さらに取引会社によってはスマホからでも売り買いの取引ができるので、空いた時間を使って副業感覚でFXを行うこともできるでしょう。売買には手数料が掛かりますが、十数年前と比べるとずいぶん安くなっています。その分素人の人でも参加しやすく、元手となる資本金が大きいほど利益が出たときは得をするでしょう。

しかしFXは買ったものが上がるのか下がるのか判断が非常に難しく、ある意味ギャンブルともいえます。もともと資金力が少ない人は大きな負けを経験してしまうとそこで資金が尽き、続いての勝負を続行することが難しくなってしまいます。

実際にFXで勝ち続けている人はごくわずかの実力者だけであり、全体のわずか1%といわれています。FXに参加する9割以上の人は最終的に負けてしまっているのが現状です。それでもFXに参加する人が多いのは、宝くじに比べたらFXのほうが奇跡的に億単位のお金を稼ぐことができる可能性が高いからです。

webライティングとは

webライティングとは

一方の「webライティング」は、クラウドソーシングを利用した仕事です。これは記事を書いてほしいと考える企業などが、クラウドソーシングと呼ばれるサイトを仲介して人員を集めます。そして募集内容を見て記事を書けそうだと思った人が、自分が書ける記事に挑戦し、その記事が採用されたら報酬がもらえるというシステムです。

インターネット環境があればできる仕事なので、文字数が少ない簡単な仕事ならばスマホからでも参加できます。100文字書いて報酬は5円程度という仕事も多く、始めてすぐに何万円も稼ぐのはやや難しいでしょう。

しかしwebライティングの中には報酬が高い仕事も多く、1文字1円と言った高単価な仕事もあります。こちらは知識や文章力がないとなかなか挑戦することはできない仕事ですが、webライティングで経験を積むことにより、次第と難しい仕事にも挑戦できるようになります。毎日コツコツと記事を書くことにより、早い人では半年ほどで月に数万円稼ぐことができるようになります。

リスクがないのはwebライティング

こうしてみると、堅実にお金をコツコツと貯めるにはFXよりもwebライティングの方が向いています。FXは上がるか下がるかのギャンブルにも似ているといいましたが、実際に取引をするには「スキャルピング」や「スイングトレード」といったテクニックが必要であり、シミュレーターなどで勉強してFXに関する知識もかなり深くなければなりません。

また資本金となる元手が少ないほど利益もあまり上がらないので、FXに挑戦するならばすでにお金に余裕があり、株取引などの知識と経験がある人なら向いているでしょう。それでも最終的な勝率はわずか1%ということを忘れずに、あまりのめり込まないことも大切です。

一方のwebライティングは、最初は単価の安い簡単な仕事しかできないことも多いので、いきなり数万円を稼ぐには難しい仕事です。しかしスキマ時間を使ってスマホからでも仕事ができることが多く、通勤時間や仕事の休憩時間にもちょっとずつ稼ぐことはできます。

経験を積むことで書ける文字数の量も増え、文章力がついていけば報酬の高い仕事を請け負うこともできるでしょう。真面目に稼ぐことが目的ならば、webライティングのほうがおすすめです。

どちらも一度は経験してみるのがおススメ!?

どちらも一度は経験してみるのがおススメ!?<

運が良ければ大金を稼ぐことができるのはFXですが、負けてしまったら大金を失うリスクもあります。逆に一度に大金を稼ぐことはできないwebライティングですが、どんなヘタな文章を書いても自分のお金が取られてしまうことはなく、そういった意味でのリスクはゼロです。

一見全く違うようにも見えるFXとwebライティングですが、お金を稼ぐ目的で始める人が多いのは共通しています。またwebライティングではFXに関する仕事も多いので、興味があるなら一度FXを経験してみても良いでしょう。数千円から始められる会社もあるので、ライティングではその経験を生かした記事が書け、数千円でFXの利益が出たら、両方お得な経験となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅ノート編集部

WRITTEN BY在宅ノート編集部

こんにちは。在宅ノートはひとりひとりに合った働き方を応援するメディアです。働き方についてさまざまな悩みを取り上げ、情報を発信しています。

icon-twitter-square @zaitaku_note 

あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事