スマホでお小遣い稼ぎ!どこでも簡単にできる副業で収入ゲット!

2017/06/11
スマホでお小遣い稼ぎ!どこでも簡単にできる副業で収入ゲット!

webライターの報酬というと、どのような印象を抱くものでしょうか。稼げるのは一部の人だけ、割に合わない額しかもらえないというイメージは少なくないでしょう。しかし、ネット上に掲載される記事を執筆するwebライターであっても、数十万円単位の収入を得ている人がいるのは確かです。ただ、同時に稼げなくて困っているwebライターも少なくはありません。なぜこのような状況が作り出されてしまっているのか、その理由と具体的な解決策についてお話していきましょう。

単価が低すぎる!案件選びを間違うと稼げない!?

webライターが稼ぐには、仕事をもらうためにライターの募集をしている案件を探すことから始める必要があります。クラウドソーシングサイトで取引してくれるクライアントを探すのでもいいですし、ライティングサイト上でどんどん執筆して稼ぐ方法でもいいでしょう。気に入った会社があるのなら、そこの専属webライターになるために直接取引を申し出てみるのも1つの手段です。どんな方法で仕事を確保するのかは自分の生活スタイルや好みに合わせて問題はありません。

ただ、気をつけなければならないのは、単価が低すぎる案件に時間を浪費しないということです。ライター業界の報酬単価はピンキリで、条件がいい所では1文字につき1円や2円などの報酬が割り当てられていますが、安い所だと0.1円や0.2円のものも少なくはありません。もちろん、単価が高い所は相応の文章力や実績が求められてきます。しかし、安すぎる案件に妥協しないようにしましょう。

例えば、1文字あたり0.1円の仕事では、1記事1,000文字の案件だったとしても、10記事書きあげても1,000円の報酬にしかなりません。全くの未経験でとりあえず経験してみたいということであれば受注する価値はあるかもしれませんが、稼ぐためにはあまりにも効率が悪いです。自分の執筆ペースと照らし合わせ、日給換算して妥当だと思える単価以上の案件を選びましょう。

作業に時間をかけ過ぎている!?非効率なのは稼げない大きな原因

作業に時間をかけ過ぎている!?非効率なのは稼げない大きな原因

報酬の単価がそれなりに高めであるにも関わらず、あまり稼げないという場合は、案件の内容に問題があると考えられます。1文字1円以上で、一見すると、高報酬だと感じられたとしても、情報収集に膨大な時間がかかるようなものだったり、画像の選出や運営しているwebサイトへの直接投稿が求められたりなど、作業に時間のかかる案件もあるので注意が必要です。また、面倒な作業がなかったとしても、細かなルールが多く設けられていて、執筆のしづらさを感じられる案件もあるでしょう。

例えば、5,000文字の案件で、報酬として5,000円が獲得できたとしても、作業に何日もかかるようなら明らかに非効率と言えます。こういった依頼は継続して慣れることで、後々は効率的に稼いでいくことができますが、それまでが大変です。複雑な形式の案件には向き不向きもありますから、やりがいを感じて続けられそうだと思うのなら、そのまま続けたほうがいいですが、自分には無理そうだと思ったなら、その時点で取引を終わらせたほうが無難でしょう。

稼げるwebライターになるには、いかに効率よく稼げるのかを考えるのもまた大切なことです。時間ばかりを毎回浪費してしまうような取引を続けるよりも、もっといい条件を提示してくれるクライアントや自分に合っている案件を探したほうがいいでしょう。

稼げないのは自分のせい?頑張っているつもりは危険!

稼げないのは自分のせい?頑張っているつもりは危険!

報酬単価も高く、仕事の内容もそれほど難しくないのに、それでも全く稼げないというなら、自分自身に原因があるかもしれません。webライターは基本的に完全成果報酬型の仕事ですから、作業して納品をしなければ、当然ながら報酬を得ることは不可能です。パソコンに向かっていても、ネットサーフィンをしたり、ボーっとしたりしているようでは全く稼げないでしょう。パソコンを使うのがwebライターの仕事ですから、デスクに向かうとどうしても仕事をした気になってしまう人もいます。この「頑張っているつもり」が一番危険なのです。

webライターの仕事にはインターネットで情報収集する場面がよくありますが、この時に仕事としての意識を持っていないと「気になる記事があったから読んでみよう」「この動画観てみよう」「買いたいものがあったからネットショップで探してみよう」など、寄り道をしてしまうことは珍しくありません。仕事の合間に、息抜きや勉強を目的としてネットサーフィンをするのは問題ないでしょう。しかし、仕事中はメリハリをつけないといつまでも寄り道をしてしまい、気がついたら何時間も過ぎていたなんてことになりかねません。稼げるwebライターになりたいのなら、自分を甘やかさないようにきちんと自己管理をして仕事に臨むことが大切です。

原因を払拭すれば必ず稼げる!効率を考えたwebライターになろう

原因を払拭すれば必ず稼げる!効率を考えたwebライターになろう

webライターとして頑張っているけど全然稼げないと感じているのなら、その原因を追求して払拭してしまいましょう。単純なことですが、稼げない原因がなくなれば、必ず稼げるwebライターになることができます。詳細な原因は人それぞれですが、どんなことであったとしても、全ては仕事の効率化を妨げるものです。

どうしたらwebライターとして効率よく稼げるのかを常に考え、解決策を導き出して実行に移していけば、稼げない状況を打破できます。現状ではある程度稼げているけれど、さらなる収入アップを図りたいというwebライターにも同じことが言えるでしょう。繰り返し考え、実行していくことで稼げる可能性はどんどん広がるので「効率化を考えるwebライター」を意識して取り組んでみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事